g-lad xx

NEWS

丸井グループが東京レインボープライドに協賛、マルイ・モディ各店で店内POPをレインボーデザインに

 これまでも東京レインボープライド(TRP)やプライドハウス東京などに多大な支援をしてきた株式会社丸井グループが、今年もTRP2021に協賛し、オンラインブースを出展するとともに、マルイ・モディ各店でレインボーカラーの店内POPを掲出しました。


 丸井グループは、TRPのパレードコース上にあるMODIのデジタルサイネージを(NY PRIDEの時にタイムズスクエアのビルのサイネージが一斉にレインボーになるように)レインボーカラーにしてパレード参加者を応援してくれたり、二丁目近くのマルイメンにレインボーフラッグを掲げてくれたり、2018年には、渋谷駅からパレード出発地点までの街路灯に「OUT IN JAPAN 渋谷ストリート写真展」のフラッグを掲示するなどして、多くの人々を感動させてきました。
 また、プライドハウス東京にも協賛し、プライドハウス東京への寄付となるエポスカード(今回の「おうちでプライド」でも八方不美人さんが出演したCMが流れていましたね)をつくったりしてきました。
 今年2月には国分寺マルイで、多様性を重視したバレンタイン企画として、「OUT IN JAPAN」写真展や、「国分寺市パートナーシップ制度」について案内するパネルを展示しています。
 
「当社グループは誰も置き去りにしない「インクルージョン(包摂)」という考え方のもと、お客さまの年齢・性別・身体的特徴を超え、すべてのお客さまに喜んでいただけるサービスの提供に取り組んでいます。
 東京レインボープライド2021への参加を通じてその取組みをさらに進め、すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会をめざしてまいります。
 丸井グループは2016年から東京レインボープライドに参加しており、このたびは東京レインボープライド2021の公式HPにオンラインブースを設置します。また、東京レインボープライド2021開催期間中は、マルイ・モディ各店で店内POPをレインボーデザインにするなど、すべてのお客さまに対してウェルカムの姿勢を表明します」
(プレスリリースより)
 
 TRP2021公式サイト上の丸井グループのオンラインブースでは、プライドハウス東京エポスカードや、未来志向のコミュニティサイト「この指とーまれ!」(ブルボンヌさんの寄稿などもあります)の紹介を通じ、丸井グループが推進する「ダイバーシティ&インクルージョン」の取組みが紹介されています。
 
 また、マルイ・モディ各店では4月24日(土)~5月5日(水祝)の期間、レインボーカラーをデザインしたPOPやメッセージPOPを掲出し、すべてのお客さまに対してウェルカムの姿勢を表明しました(なお、残念ながら、緊急事態宣言の発令により、都内のマルイ・モディは25日から当面の間、臨時休業となりました…が、食遊館・食品スーパーなどは営業しているそうですので、レインボーカラーのPOPが見られると思います。店舗ごとの営業状況の一覧はこちら
 
 
参考記事:
丸井グループは『東京レインボープライド2021』に参加します ~すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会をめざして~(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=000002662.000003860

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。