g-lad xx

NEWS

【追悼】ぷれいす東京「Gay Friends for AIDS」コーディネーターとして活躍した桜井啓介さん

 4月30日、ぷれいす東京「Gay Friends for AIDS」コーディネーターとして活躍した桜井啓介さんが急逝されたという悲しいお知らせがありました。

 ぷれいす東京のアナウンスによると、桜井啓介さんは4月26日(月)に急逝し、30日、お兄様に見送られ、荼毘に付されたそうです。

 桜井さんがコーディネーターを務めていたぷれいす東京の「Gay Friends for AIDS」は、ゲイによるゲイコミュニティのためのセクションで、ゲイによるゲイのためのHIV/エイズ電話相談や、ひとりひとりが考える「理想のゲイライフ」に対して「健康上や生活上のリスク」との折り合いをどのようにつけていくのかを考えるきっかけを提供するイベントや動画配信を行なう「Quality of Gay Life」といった活動を展開していました。
 HIV陽性者のスピーカーとして大学などで話をすることもあったそうです。

 桜井さんはほかにも、10代を応援するプロジェクトを企画した「ワルダクミ★メガネーズ」の一員として企画に携わっていました。ワルダクミ★メガネーズ公式Twitterでは、「とにかく情報収集力と処理能力に長けていて、いつでもユーモアを忘れない、でもエビデンスをどこまでも追求していく、稀有な精神の持ち主でした。そうしたsakuraさんと一緒に企画展をやったり、同人誌を企画できたこと、ありがたく思っています」との追悼コメントが投稿されていました。

 また、2015年には「OUT IN JAPAN」にも出演していて、さまざまな事情でバラバラに暮らすご兄弟などへはまだカミングアウトできていない、という複雑な思いを語っています。

 パレードでぷれいす東京のブースが出展されているときなどは、必ずと言っていいほど桜井さんがいて、にこやかに応対してくださいました(そうした姿が印象に残っている方も多いのではないかと思います)
 
 4月30日は、桜井さんを知る方々からTwitter上で次々に、驚きや悲しみのコメントが上がっていました。

 ぷれいす東京で一緒に活動していた皆様にとっては、佐藤郁夫さんに続き、大切な方を突然失くしてしまったこと、本当にショックだったと思います(かける言葉が見つかりません…)

 「追悼の場は改めて、ぷれいす東京webでご案内します」とのことですので、桜井さんを知る方はぜひご参加ください。



【追記】
 5月22日(土)19時から「sakuraこと桜井啓介さんを偲ぶ会」がオンライン開催されることになりました。
 YouTube Live配信ですので、申し込み不要で、どなたでもご視聴いただけます。ご都合のつく方は、ぜひご視聴・ご参加ください。

「sakuraこと桜井啓介さんを偲ぶ会」
日時:2021年5月22日(土)19:00〜20:00の予定
配信:YouTube ぷれいす東京チャンネル  
※ YouTube Liveで配信しますが、アーカイブ(記録)は残さない予定です

INDEX

SCHEDULE