g-lad xx

NEWS

「差別は許されない」と記すLGBT法修正案をめぐる自民党内の会議が紛糾、「道徳的にLGBTは認められない」「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」などの差別発言も

 先日のLGBTQ議連の話し合いで基本理念に「差別は許されない」と記すことで与野党合意をみたLGBT理解増進法案について19日、自民党内で会議が開かれ、元拉致問題担当相の山谷えり子議員が、性自認をめぐって「体は男だけど自分は女だから女子トイレに入れろとか、アメリカなんかでは女子陸上競技に参加してしまってダーッとメダルを獲るとか、ばかげたことがいろいろ起きている」などと発言し、批判の声が多数上がりました。
 続いて20日に開かれた党本部での会合では、異論が相次ぎ、法案に反対する議員が大勢を占め、了承が先送りされました。このとき、「道徳的にLGBTは認められない」「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」といった(まさに)差別的な発言があったことから、さらに非難の声が高まっています。
 
 
 19日午後、山谷えり子議員の「体は男だけど自分は女だから女子トイレに入れろとか、アメリカなんかでは女子陸上競技に参加してしまってダーッとメダルを獲るとか、ばかげたことがいろいろ起きている」といったトランスジェンダーへの誤った認識に基づく発言のことが報じられると、SNS上で多方面から批判の声が噴出しました。(なお、トランス女子の女子スポーツへの参加については、ぜひこちらの記事をお読みください)
当事者の実態を把握せず、国会議員がこの発言。性自認による差別を容認するというのでしょうか
国会議員としてあるまじき発言です。このような偏見にトランスジェンダー当事者は日々苦しんでいます
差別の再生産を繰り返す山谷えり子氏の言動には強く抗議します
まず最低限、当事者の実態を見てから発言してほしい、それを無視して極端なデマを拡散させることは非常に悪質
「この物言いによって傷つく人々がいることの自覚はないのか本当に愕然とする」
「当事者の皆さんに直接会って面と向かって「ばかげてる」と本当に言えるか?」
「こんな差別主義者が権力握ってること自体本当におかしい。怖すぎる」
「山谷えり子氏と言えば、西尾幹ニ氏や八木秀次氏と共に、ジェンダーフリーに対する「反論」を行っていました。中性人間ができる、バイセクシュアルを認めると不倫が増えるなどの言説は、当時大学でジェンダーに関する活動をしていた私にも逆風となりました(吉野靫さん。2004年、立命館大学の学生団体GSPとして西日本初、学生団体単独としては日本初となるパレードを開催した方)」

 こうした批判の声を受けて、20日の会合の後、TBSや毎日新聞などの記者が山谷議員に直撃インタビューを行ない、その映像がこちらでノーカットで報道されています(文字起こししました。何と言っていたのか知りたがっているろう者の方などにもぜひ、教えてあげてください)
「アメリカなんかでは、学校のトイレでPTAで問題になったり、いろんな…女子の競技に、男性の方たち、心は女性だからと言って、競技に参加して、メダルを獲ったり、そういう不条理なこともあるので、少し慎重に、性自認という概念と、「差別があっては許されない」という、そこのところは、どういう社会現象が起きるか、アメリカなどからも学んでね、ちょっともう少し…。もともと、日本は多様性を認める寛容な社会ですから、理解が進んで、多様性を認めるより寛容な社会になるのはとても素晴らしいことだと思います」
ーー法案自体に反対ということですか?
「反対というか、もっと議論を深める必要がある」
ーー先生のそのご認識は、どなたから教わってそういうふうに?
「私1970年代からアメリカでずっとやってるんです。取材と。臨床心理関係で」
ーーじゃあ、ご自身で?
「だから、70年代のアメリカの運動と今と全然違うんです」
ーー当時のご認識を今もお持ちで?
「当時というよりも、つまり、社会運動化、政治運動化されると、いろんな副作用もあるんじゃないでしょうかっていう、その辺をよく見て、日本の国柄に基づいて、世界のモデルになるような、理解増進法を作りたいな、と」
ーー70年代と今では、だいぶ…
「いや医学的にも科学的にもまだまだ研究途上ではありますよね。アップデートしながら私は学んでるつもりですけど。それもまた足りないと言われればそうかもしれませんし」

 TBSのニュースによると、20日の会合では、性的指向・性自認に関する特命委員会の稲田朋美委員長が「日本がちゃんと多様性を認める、そして寛容な社会を作っていく」と述べ、与野党合意をみた案を審議にかけましたが、出席者の中からは「法を盾に裁判が乱発する」とする意見が相次いだほか、「道徳的にLGBTは認められない」「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」などの声も上がり、法案に反対する議員が大勢を占めたということです。法案の了承は見送られ、来週、改めて法案審査されることになりました。
(【追記】毎日新聞の取材でも、「LGBTは種の保存を考えたら望ましくない」という趣旨の発言が出席議員からあったことを確認。法案に賛成するある議員は「あまりに感情的な反対意見ばかりで聞くに耐えなかった」と話したそうです)
 
 どの議員さんかは報じられていませんが、「道徳的にLGBTは認められない」「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」という、杉田水脈衆議院議員の「LGBTには"生産性"がない」発言や、足立区白石区議の「LやGばかりになったら足立区が滅びる」発言と同質の、ド直球な差別発言があったことが報じられると、再度、批判の声が噴出しました。
「酷くて涙出た…。性的マイノリティが受ける差別は「不条理なこと」じゃないんですか?種の保存とかいう概念の犠牲になれば満足ですか?差別をやめるのはそんなに嫌ですか?」
「これを「差別」と言わずに、何を「差別」と言うのか。しかも与党の国会議員。どこが「差別のない寛容な国」だよ」
「この生物学的レイシズム/セクシズム発言した自民党議員の実名を公表すべきでしょう。ナチとどこが違うのか」
私たちが選んだ「全国民の代表」の中に、こんな発言をする人がいる、という事実を知ることは必要だ
差別政党が日本の与党。地獄絵図だな
「政治家の生物学に対する無理解によって、「生物学」という言葉が差別に利用されることは本当に悔しい。生物者の一人として、強く抗議したい」
「これだけでオリンピックを返上しなければいけないのでは? だって政府与党の代議士たちの見解なんでしょ?」
「わたしは異性愛者だけど、こんな国で子供を産みたくないよ…」
などなど(たくさんありすぎて、追いきれません…)
 
 基本理念に「差別は許されない」と記しただけでこのように紛糾し、法案が見送られる可能性も出てきたことや、そもそもの理解増進法案の趣旨に対しても、有識者の方たちから批判の声が上がりました。
ロバート・キャンベルさん:「「差別は許されない」という一文が加わって地団駄を踏む与党内「保守派」の審査会。偏狭で侘しい連中だという一文で片付ければ良いのですが、そもそも実効性のない「わきまえ」あるあるの見せかけの法案だったのに、ここで「慎重」とは笑止千万」「彼らの言動から自民党が唱える「理解増進」が何であったかがくっきりと浮かび上がってきます」 
三橋順子さん(ジェンダー&セクシュアリティ史の研究者で、日本初のトランスジェンダーの大学教員となった方):「自民党は「あくまで差別を続けたい人たち」に配慮するということ。反対派の主張を入れておかしな妥協をする(たとえば法案から「性自認」を削るとか)くらいなら、このまま廃案の方がいい」
田亀源五郎さん:「繰り返しますが、「性的マイノリティへの差別は禁じないし、同等の権利も保証しませんよ。でも理解はするように努めていますから、何もやってない訳ではないですよ」なんて言い訳のための法律なんて、百害あって一理なしなのでマッピラゴメンでございますよ (-.-)y-~」

  このような事態を受けて、差別禁止法の実現を目指してきたコミュニティの有志の方たちもアクションを起こしました。次の記事でお伝えします。

 

参考記事:
自民・山谷氏「ばかげたこと起きている」 性自認めぐり(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASP5M52GTP5MUTFK004.html
自民・山谷氏「ばかげたこと」 LGBT議論巡り(共同通信)
https://this.kiji.is/767723106316271616?c=39546741839462401
LGBT差別解消やゆ=自民・山谷氏(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051901054
「いろんな副作用も」LGBT理解増進法案 自民部会で紛糾 了承見送り(TBS)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4272640.html
【ノーカット】山谷えり子議員コメント LGBT理解増進法案に慎重な意見(TBS)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4272613.html
LGBT法案了承見送り 自民内で慎重意見(日テレ)
https://www.news24.jp/articles/2021/05/20/04875266.html
自民部会で反対論続出 “LGBT法案”了承されず(テレ朝)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000216656.html
「LGBT法案」了承見送り 自民内で慎重論(FNN)
https://www.fnn.jp/articles/-/184924

INDEX

SCHEDULE