g-lad xx

NEWS

LGBT法案の今国会への提出が見送られると報じられました

 LGBT理解増進法案の取扱いをめぐって28日、自民党総務会で審議されましたが、意見の集約に至らず、二階幹事長ら党三役に一任することになりました。同日夜、下村政調会長が「党三役で検討し、国会状況を考えると成立が難しい、廃案になる可能性が高い法案は出さないことを決定した」と述べ、今国会への提出が見送られることが明らかになりました。
 

 焦点となったのは「性的指向及び性自認を理由とする差別は許されない」という文言でした。一部の議員から「行き過ぎた差別禁止の政治運動につながる」といった異論が出て、27日朝から始まった政調審議会は紛糾し、夜になってようやく了承されました。テレビ朝日政治部の車田慶介記者は政調審での紛糾は「異例といっていい」と語ります。「朝からの審議会も長時間にわたり、そこで承認されるかと思ったら休憩を挟んだ。政調審議会が途中で休憩になるというのはあまり聞いたことがない」

 28日には党幹部が加わった最高意思決定機関である総務会で議論が行われました。出席者からは「今の国会に提出し、成立を目指すべきだ」という意見が出た一方、「党内で賛否が分かれている上、国会の会期末も来月16日に迫っており、法案の提出は見送るべきだ」という意見も相次ぎました。このため、意見の集約には至らず、了承は見送られ、法案の取扱いは二階幹事長ら党三役に一任することになりました。
 同日夜、下村政調会長が記者団に対し、「党三役で検討し、国会状況を考えると成立が難しい、廃案になる可能性が高い法案は出さないことを決定した」と述べました。「次の国会で改めて成立に向けて出し直したい」 
 
 法案の取りまとめにあたった稲田元防衛大臣は記者団に対し、「足かけ5年検討を重ね、与野党で合意もなされた非常に価値がある法案であり、今の国会での成立を目指していくべきだ。会合でも党執行部は『工夫をしたい』と言っていたので、私はまだ諦めていない」と述べました。
 立憲民主党の枝野幸男代表は、「少なくとも東京五輪・パラリンピックの主催国として法整備は義務ではないか」と、同じく福山哲郎幹事長は「私は成立の希望を捨てているわけではない。この法案については、どんな協力も惜しまない。自民党には、最後まで法案の提出に向けて努力をいただきたい」と述べています。
 公明党の谷合参議院議員は、こちらで法案の条文を紹介しつつ、「私は法案の成立をあきらめていません」と述べています。

 
 東京新聞によると、自民党内に性的指向・性自認に関する特命委員会ができたのは2016年。理解増進法案は、その当時も保守派の抵抗を受け、党内手続きが進みませんでした。しかし、世論の高まりを受け、今回は自民党も野党と協議を続け、今月やっと「性的指向及び性自認を理由とする差別は許されない」という文言を入れるかたちで与野党の合意をみました。しかし、再び党内保守派の抵抗にあったばかりでなく、「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」などの差別発言が相次ぎました。党関係者は「今回は反対派の議員に個別に説明を尽くし、理解は5年前より確実に広がった」と自信を示していたそうですが、やはり5年前と同じ状況になってしまいました。 
 
 LGBTブームより前、2000年代からLGBTを支援する記事を書いてくださっている朝日新聞の二階堂友紀記者は、政治記者として2016年に始まった自民党内の議論から追いかけてきたそうですが、「LGBT法案、自民は古い闘争に固執 提出断念の裏側」という、今回の件の本質を的確に捉え、見事に描写する、渾身の記事を書いています。
「多様性と調和を掲げる東京五輪・パラリンピックを前に、推進派が「最後のチャンス」と臨んだ今回、まさか当時を上回る反対論が公然と語られるとは思わなかった」
「「差別の定義がはっきりしない」「訴訟が頻発する」「活動家に利用される」。自民党右派の典型的な反対論は、左派が差別問題を政治運動に利用するとの主張だった。右派の一人は「これは闘争だ」と宣言したという。古いイデオロギー闘争に固執した主張は当事者不在にみえた」
「社会的な認知度があがったとはいえ、性的少数者の子どもたちはいまでも、本来は最も安心できるはずの家のなかで、本当のことを言えず苦しんでいるかもしれない。いじめや自死の原因にもなっている。そんな現実を思うとき、自民党内の議論はむなしく悲しい」
「いまある法律のどこにも性的指向と性自認という言葉はない。この事実はそのまま、日本の法制度が性的少数者の存在を無視してきたことを意味する。性的指向と性自認に関する理解増進法案が成立すれば、初の基本法として、性的少数者の困難を解消する施策を前に進める可能性がある。だからこそ野党も当事者団体も、差別禁止をうたわず、不十分な自民党案をのみ込んだ。苦渋の与野党合意を、自民党が壊そうとしている」

 府中青年の家裁判で1997年、東京高裁から「行政当局としては、その職務を行うについて、少数者である同性愛者をも視野に入れた、肌理の細かな配慮が必要であり、同性愛者の権利、利益を十分に擁護することが要請されている」という画期的な判決を引き出し、RUSH裁判なども応援してくれているスーパー・アライである中川重徳弁護士は、「法案が通ったら、私たち法律家は、不十分な法律でも、徹底的に研究し裁判や情報発信で活用し、性的少数のひとびとの困難解消を前進させる。それが法律家の仕事だし、この法案は修正協議で活用に値する内容になった。声をあげ続けた皆さんと超党派の議員さんとともに、今国会での絶対成立を求めよう!」と語っています。

 東京新聞はLGBTQコミュニティの方たちへも取材し、その声を紹介しています。
 差別発言の撤回と謝罪を求める署名を立ち上げた松岡宗嗣さんは、「そもそも理念法で、差別も禁止せず実効性が乏しいのに、なぜ反対なのか。差別発言を容認する姿勢といい、自民党は差別を温存したいのか」と語っています。
 NPO法人虹色ダイバーシティ代表の村木真紀さんは「この5年で企業や自治体のLGBTQ施策は進んだ一方、国の動きは周回遅れだ」と指摘、自民党議員から出た差別発言について「ヘイトスピーチで眠れなくなったという人もいる。法律もできず、傷つけられ損だ」と語りました。
 トランスジェンダー活動家の遠藤まめたさんは、「議員の言動に失望した。まずは自民党内で理解増進をしてほしい」と語りました。

 ほかにも、たくさんのLGBTやアライの方から声が上がっています。一部、ピックアップしてご紹介します。
 尾辻かな子衆議院議員「オリパラ東京大会は強行するが、LGBTの理念法案は作らせないのか。当事者は種の保存に反する、トランスジェンダーバッシング発言を受けてもなんとか法案成立をとこらえてきた。その結末がこれですか?」
 石川大我参議院議員「自民党内からの異論も「ガス抜き」だろうと我々は我慢してきたが、とんでもない差別発言が飛び出し、毒ガスが社会に充満した。あげく、法案は通らない。来週以降、私たちは行動する準備を」
 上川あや世田谷区議「結論からみれば、この間、事実に基づかない当事者を大変傷つける発言ばかり、言いたい放題、言われただけで、落胆で締めた、という印象です。これで国民各層にむけ、理解増進の旗を振るとは…」
 同性婚訴訟も支援している須田布美子弁護士「差別してはいけないということさえ,反対意見でつぶされる。立法府は何を守ろうとしているのでしょう。差別する権利?」
 北丸雄二さん「カミングアウトしてわかるのは、カミングアウトした人間の正体ではない。カミングアウトされた人間たちの正体である」
 
 そのほか、SNS上では
「しょうもない差別を振り撒いて、不必要に人を傷付けて、法案は成立させることすらできない。社会の良い方向に変わっていくのを単に妨害しているだけの組織ではないか」
「もし「差別は許されない」とルールに書いてしまったら自分たちは確実に許されなくなる、ってくらいの自覚があるんだろうな」
「確か、党のポスターには「国民のために働く。」と書いてあったが、国民ではなく、保守層のために働いていることがよくわかる」
「今の時点でLGBT法案が成立すらできていない日本には五輪を開催する資格なし」
「維新も含む与野党が合意しているので、日程が厳しいというのは理由になりません。自民党がもし、充実した質疑をする意欲があるのなら、会期延長をすればいいのです」
「今回のことで、自民党の議員の中には、人権がどのようなものなのかが分かっておらず、自分たちは人権を擁護する立場にあるということを理解していない者が少なからずあるということが明らかにされた」
「彼らは、この件は票にならないと判断しました。悔しかったら投票に行きましょう」
「今年は10月までに必ず衆議院議員総選挙があります。LGBTが差別されない、そして同性婚ができる、異性愛者と同等に扱われる社会へ向けて、力を貸してください。ゲイの当事者からのお願いです」
といった声も上がっていました。
 
 なお、差別発言の撤回と謝罪を求める署名は、5月30日まで募集されます。
 松岡さんは、「発言の撤回や謝罪もなく、党としても何も対応していない。ヘイトを撒き散らして終わりはあまりに不条理です。ぜひ署名と拡散のご協力をよろしくお願いします」と語っています。


 直接今回の法案とは関係ないのですが、来るべき選挙に関連して、BuzzFeed Japan創刊時に編集長を務めていた古田大輔さんらが作った国会議員個々人の選択的夫婦別姓・同性婚への賛否がわかるデータベース(β版)が関心を呼んでいるそうです。これを見れば、お住まいの地域の選挙区や比例区の議員さんが同性婚に賛成しているかどうかが一目瞭然、というスグレモノです。ぜひご活用ください。



参考記事:
LGBT理解増進法案、政調審議会で“異例”の紛糾 今国会での成立は見通せず(ABEMA TIMES)
https://times.abema.tv/news-article/8660112
LGBT理解促進法案 今国会提出見送りへ 自民党意見集約に至らず(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210528/k10013056521000.html
“LGBT法案”引き続き議論 今国会での成立厳しい見通し(TBS)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4278209.html
LGBT法案 自民了承せず 今国会への提出見送りへ(FNN)
https://www.fnn.jp/articles/-/188725
自民、LGBT法案提出見送りへ(共同通信)
https://this.kiji.is/770899162886586368?c=39546741839462401
LGBT法案、提出見送り 自民(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052800707
自民、LGBT法案の提出断念 今国会で日程確保できず(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASP5X53J1P5XUTFK00Y.html
「自民党は差別を温存したいのか」LGBT当事者ら怒り噴出…まさかの法案提出見送り(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/107180
LGBT法案、自民は古い闘争に固執 提出断念の裏側(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASP5X5QJNP5XUTFK018.html
LGBT法案 今国会の提出を自民党が断念(テレ朝)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000217586.html
自民・下村氏、LGBT法案「今国会出さない」(産経新聞)
https://www.sankei.com/article/20210528-6PO22PWG2NNO5CQBG7S3QCFAYE/

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。