g-lad xx

NEWS

30日(日)18時〜LGBT差別に抗議する24時間シットインが緊急開催されます

 28日夜、LGBT法案の今国会への提出が見送られることになったと報じられましたが、野党からもLGBTQ+アライコミュニティからも「このまま、ただヘイトスピーチを撒き散らし、当事者を傷つけるだけという状態で終わらせるわけにはいかない」「成立をあきらめない」との声が上がっていたなかで、LGBT差別に抗議する24時間シットイン(座り込み。命のキャンドルアクション、リレートーク、署名/抗議文提出などを含みます)が緊急開催されることになりました。
 
「自民党が今国会でのLGBTをめぐる法案の提出見送りを決めたと報じられました。「審議日程が確保できない」ということですが、実際には国会の会期末まであと2週間以上あり、成立させようと思えばできる状況です。結局は強硬に反対する自民党保守派への配慮が理由だと言われています。
 さらに5月19、20日には、自民党の会合で、簗和夫議員がLGBTは「種の保存に背く」と発言し、山谷えり子議員も殊更にトランスジェンダー女性のトイレ利用や競技参加を取り上げ「ばかげたこと」などと、トランスジェンダー嫌悪を助長するような発言をしています。
 政府はコロナ禍での東京オリンピック・パラリンピックの開催を強行しようとしていますが、五輪憲章には、性的指向などを含むいかなる差別もあってはならないことが掲げられ、IOC/東京都/JOC三者による開催都市契約で、日本国政府もこの五輪憲章を遵守することが誓約となっています。
 性的マイノリティに関する差別をなくす法律もつくらず、自民党議員からの差別発言の撤回や謝罪もないという状態は、五輪憲章にも反している状態で、国際的にも問題と言えます。
 このままでは、ただヘイトスピーチを撒き散らし、当事者を傷つけるだけという状態で終わらせるわけにはいきません。

私たちはあきらめない。
逃げるな自民党。
LGBT差別をやめろ。
命を守る法律を。

 5月30日(日)18時から、自民党本部前で「LGBT差別抗議デモ24時間シットイン」を行います。
 ぜひ一人でも多くの方にご参加いただけますと幸いです」

 ソーシャルディスタンスを保ち、コロナウイルス感染防止策を講じながら、静かに、熱く開催されそうです。
 遠方の方などご参加が難しい日本全国や海外のみなさんも「#逃げるな自民党」「#LGBT差別抗議デモ24時間シットイン」というハッシュタグをつけてSNSに投稿することで、一緒に声を上げることができます。

LGBT差別抗議デモ24時間シットイン
日時:5月30日(日)18時〜5月31日(月)20時頃
場所:自民党本部前(〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23)向かいの歩道
※東京メトロ有楽町線/半蔵門線/南北線永田町駅6番または1番出口から徒歩1分。銀座線/丸ノ内線赤坂見附駅から徒歩10分
主催:LGBT差別抗議デモ24時間シットインの会
内容:自民党本部前シットイン(座り込み)、命のキャンドルアクション、リレートーク、署名/抗議文提出など
◯ピークタイム:
ピーク①:5月30日(日)18:00〜20:00
ピーク②:5月31日(月)8:00〜10:00
◯その他アクション(予定):
5月31日(月)11:00頃:プライドハウス東京とグローバル団体Athlete Allyの共同抗議文提出
5月31日(月)12:00頃:Equality Act Japan記者会見
5月31日(月)14:00頃:Change.org署名提出

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。