g-lad xx

NEWS

ラッパーのダベイビーによるゲイやHIV陽性者に対する差別発言を、デュア・リパやエルトン・ジョンやリル・ナズ・Xの父親らが非難しています

 ラッパーのダベイビーが先週末、米マイアミで開催された音楽フェスティバル「Rolling Loud」に出演した際にHIV陽性者やゲイに対する嫌悪むきだしの衝撃的な発言※を行なったことを受けて、デュア・リパやエルトン・ジョン、リル・ナズ・Xの父親らが非難しています。

※たいへんショッキングな内容ですので、再掲はしません…こちらの記事に、発言の内容が書かれています

 
 今週の米ビルボード・ソング・チャートで3位となっている「Levitating」でダベイビーをフィーチャリングしているデュア・リパは、インスタグラムのストーリーで「ダベイビーのコメントに驚き、ぞっとしています。これが一緒に仕事をしたのと同じ人とは思えません。私のファンは私の心がLGBTQコミュニティとともにあり、100%味方だということを知っています。私たちは団結し、HIV/エイズにまつわる偏見や無知と闘わなくてはなりません」と述べました。これまでもアライとしてLGBTQコミュニティへの支援を表明してきたデュア・リパが今回も、ビジネスパートナーだからと忖度せず、毅然とした態度を示したことにはファンや他のアーティストからも称賛の声が上がっているそうです。

 英国のHIV陽性者支援団体「テレンス・ヒギンス・トラスト」のディレクターは『ピープル』誌で「このような発言はHIVへの偏見や差別を広めるものだ」「HIVと共に生きている人が、そう診断されたことで劣等感を感じたり排除されたりするのは間違っている。音楽業界でも社会全体でも受け入れられないことだ」と批判しています。

 ファンやコラボレーター(デュアリパ)、HIV団体が声を上げているなか、リル・ナズ・Xの父親であるロバート・スタフォードも口を開きました。インスタグラムのストーリーに、リル・ナズ・Xがダベイビーをフィーチャリングした「Panini」を流しつつ、彼がリルナズの友達としてポーズをとってる写真を投稿し、「Bruh sit down you had your time.」(「落ち着け、君はうちの子とこんなふうに過ごしてただろ?」といった意味でしょうか)とコメントしました(こちらにその投稿が再掲されています)
 
 7月28日(現地時間)にはエルトン・ジョンが、自身のインスタグラムで声明を発表しました。
「先日開催されたダベイビーの公演でのHIVに関する誤った情報や同性愛嫌悪な発言を読んで、私たちはショックを受けました」
「これはスティグマと差別を助長するもので、私たちの世界がエイズと闘うために必要なことと逆行しています」 
 エルトンは投稿で、世界で7000万人以上がHIVに感染しており、また、ゲイのブラック・アメリカンが生涯に感染する確率は50%で、その大きな要因は「HIVや同性愛にまつわるスティグマや羞恥心」であると説明しました。
「HIVに感染しても、今は長く健康な人生を送ることが可能になりました」
「治療は劇的に進化しています。毎日1錠のピルを飲むだけで、HIVを体内から検出できなくすることができるので、他人に感染させる恐れがありません」
「音楽業界に、HIVの誤った情報や同性愛嫌悪の居場所はありません。私たちはHIVに関するスティグマを打ち破る必要があり、拡散してはなりません」
「ミュージシャンとして、私たちの仕事は人々を一つにすることです」

 ダベイビーはその後、HIV/エイズに関する発言については謝罪しましたが、ゲイに関しては「俺はクレイジーなことは言ってないと思う。したいようにすればいい。君たちのことは、君たちのことだから」として態度を変えていません。
 
 ダベイビーへの追及はまだまだ続くことでしょう。きっとさらに多くの方たちが声を上げ、「音楽業界にHIVの誤った情報や同性愛嫌悪の居場所はない」ことを示してくれることと思います。

 
参考記事:
デュア・リパ、同性愛者やHIV患者への差別発言をしたラッパーを批判(ELLEgirl)
https://www.ellegirl.jp/celeb/a37149544/dua-lipa-dababy-criticize-21-0728/
Lil Nas X’s dad puts DaBaby firmly in his place after homophobic HIV rant: ‘Sit down’(Pink News)
https://www.pinknews.co.uk/2021/07/28/dababy-lil-nas-x-dad/
エルトン・ジョン、ダベイビーのHIV/エイズに関する不適切発言を受けて声明発表(Billboard JAPAN)
https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/102423

INDEX

SCHEDULE