g-lad xx

NEWS

鹿児島市が「パートナーシップ宣誓制度」を来年1月から導入、市議会での差別発言を乗り越えて実現へ

 今年初め、鹿児島市も同性パートナーシップ証明制度導入へ、2021年度早期運用目指すとのニュースをお伝えしていましたが、鹿児島市の下鶴隆央市長は9月7日、来年1月に「パートナーシップ宣誓制度」を導入する考えを明らかにしました。この日の市議会9月定例会の代表質疑に答えたものです。実現すれば、県内では指宿市に次いで2例目となります。
 

 ちょうど2年前、鹿児島市議会では、同制度の導入をめぐって上田勇作市議(76歳、「自民みらい」会派)が「(同性パートナーシップ証明制度の)ニーズはほとんどない」「地方都市がLGBT施策を推進すべきでない」「自然の摂理に合った男女の性の考えを強調すべき」などと発言し、差別的だとして取消を求める要求が起こり、一時議会が中断する場面もありました(詳細はこちら)。地元のLGBTQ支援団体「レインボーポート向日葵(ひまわり)」は、「当事者を傷つける内容が多数含まれている。差別を助長する内容で、当事者の計り知れない精神的なダメージを強く懸念する」として議長あてに質問の取り下げを求め、発言の撤回と謝罪・LGBTへの正しい知識の習得を求める署名運動が起こり、鹿児島県弁護士会もLGBT支援の声明を発表したり、議会内でも撤回と謝罪を求める声が上がるなどした結果、市議は発言の一部だけ撤回しましたが、内容はほとんど変わらず、謝罪もしませんでした。
 10月末、「レインボーポート向日葵」は改めて同制度導入の要望を行ない、市は有識者や当事者らと意見交換の場を設け、導入を検討することにしました(同時に要望を行なった指宿市のほうが先に制度導入を決めました)
 昨年6月の市議会で、森博幸・前市長は「一定の方向性を整理したい」と発言。その後、制度の導入をマニフェストに掲げて12月に就任した下鶴市長は「2021年度内のなるべく早い時期に導入したい」と述べ、今年2~3月には市民の意見を聞くパブリックコメントも実施していました。
 このように紆余曲折を経て、ついに鹿児島市で制度が実現することになったのは、本当に感慨深いですね。
 
 制度実現の立役者である「レインボーポート向日葵」の正貴さん(トランスジェンダーの方)は「今まで壁と思っていたのが、風通しがよくなって開いてきたのかなと思った。これから(LGBTQへの)正しい知識、理解が進んでいくのかなと思う」と喜びを語りました。
「存在をなかなか理解してもらえず『自分は透明人間か』という感覚によくなる。ようやく人の影として見てもらえるかな」
「時期尚早との議論もあり、今年度は難しいかなと思っていた。県庁所在地での導入に大きな意味がある。他の市町村にも波及してくれれば」
 
 「鹿児島市パートナーシップ宣誓制度」は要綱によって定められ、結婚できない市内在住か市に転入予定の民法が定める成年カップル(戸籍上同性であるカップル)が対象で、「人生のパートナーとして相互に責任をもって協力しあう」との宣誓書を提出し、市が宣誓受領証(パートナーシップ証明書)を発行するものです。法的拘束力はありませんが、夫婦や家族と同等の行政サービスを受けることができるようなり、市は市営住宅の申込みを可能にすることを検討しています。民間でも生命保険の受取人になれたり、携帯電話の家族割引などのサービスの対象を受けられる可能性もあります。
 なお、市は、受領証(パートナーシップ証明書)は、もしパートナーが亡くなっても、やむをえない理由がある場合、返還しなくてもいいことにする方向で調整を進めているそうです(当事者の感情に配慮したきめ細かな対応。素晴らしいです)
 
 実は九州・沖縄地方では、ほとんどの県庁所在地で同性パートナーシップ証明制度が導入されており(佐賀県は県単位です)、鹿児島市で実現すれば、残るのは大分市だけとなります。
(「みんなのパートナーシップ制度」という全国の都道府県の状況をインフォグラフィックにしたサイトをご覧いただくと、視覚的にとてもよくわかります)
 
 
 
参考記事:
鹿児島市パートナーシップ制度来年1月導入へ 当事者は「壁が開いた」(南日本放送)
https://www.mbc.co.jp/news/article/2021090700051579.html
パートナーシップ宣誓制度2022年1月導入へ 鹿児島市(鹿児島テレビ)
https://www.kts-tv.co.jp/news/7778/
鹿児島市 来年1月パートナーシップ宣誓制度導入へ(鹿児島読売テレビ)
https://www.kyt-tv.com/nnn/news104jz66mf20ylwpil4q.html
パートナーシップ宣誓制度 鹿児島市、来年1月導入へ(南日本新聞)
https://373news.com/_news/storyid/143275/
パートナーシップ宣誓制度、1月導入 鹿児島市長が表明(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASP976S73P97TLTB005.html

INDEX

SCHEDULE