g-lad xx

NEWS

日光市の同性パートナーシップ証明第1号はカナダで結婚したゲイカップル「今回の制度が日本社会が変わるきっかけの一歩になれば」

 栃木県日光市が9月1日から導入した「日光市パートナーシップ宣誓制度」で、市内第1号となるゲイカップルが13日、市役所で証明書を受け取りました。

 制度を活用してパートナーシップ宣誓をしたのは市内に住む奥山瑞明さんとカナダ国籍のハメル・デイビット・クレイザーさんです。お二人は約20年前、カナダのトロントで出会い、2010年にカナダで結婚しました。2019年5月に日光市へ移住していました。
 同性婚が認められているカナダでは、奥山さんは配偶者ビザを取得することができましたが、日本では同性婚は認められていないことから、ハメルさんは配偶者ビザを取得できず、日本に来た当初は3ヶ月に1回、帰国する必要がありました。現在は日本語学校に通い、留学ビザで滞在しているそうです(今年5月、同性婚承認国で結婚した外国籍の同性パートナーに「特定活動」の在留資格を付与する方向で国が検討を進めているというニュースもありましたが、まだ実現していないようです。早く認められるといいですね)
 
 証明書を受け取ったお二人は、今回の制度が日本社会が変わるきっかけの一歩になればと語りました。
 ハメルさんはとちぎテレビに対して「とても幸せな気持ち。ゲイの権利保障に向けた重要な一歩で、いつか配偶者ビザを取得できたらうれしいです」と語りました。奥山さんは「日本では何も認められていないと不安に思っていた彼が精神的に安心できたことがうれしい。ふつうのふうふみたいな生活をしていきたいなと思っていて。できれば同性婚の法律を。うちらがきっかけで、少し変えられたら」と語りました。
 
 日光市での制度導入は栃木県内では鹿沼市、栃木市に続く3例目です。鹿沼市では昨年6月に第1号となる男性カップルがパートナーシップ宣誓を行ないましたが、お名前等は公表されていませんでした。今回、栃木県でこのようにゲイカップルがテレビに登場し、幸せな姿を伝え、「ゲイの権利保障に向けた重要な一歩」「できれば同性婚を」と語ったのはおそらく初めてです。(カナダ国籍のクマ系のハメルさんは、田亀さんの『弟の夫』のマイクを彷彿させる方だったりもしますが)県民のみなさんに好影響を与えるとともに、県内の当事者の方たちをも勇気づけたことでしょう。素晴らしいです(そして、おめでとうございます!)
 
 栃木県では「性の多様性条例」の制定に向けて、条例案へのパブリックコメントを募集しているところです。条例案には特に同性パートナーシップ証明制度については触れられていませんが、県としても制度を導入してください、と要望する声もきっと届いていることでしょう。
 
* * * * * *

 それから、九州で初めて、県として「パートナーシップ宣誓制度」を導入した佐賀県で9月10日、宣誓受領証(パートナーシップ証明書)の交付が行なわれました。

 山口祥義知事は「かけがえのないパートナーであることを、お二人が宣誓されたことを証します」と述べ、証明書を手渡しました。また、「浦川さんの意見が大きなきっかけだった。これからも課題があれば教えてもらい、県も応援したい」と語りました。
 証明書を受け取った浦川健二さんとパートナーの男性の方は、「率直に嬉しいですね。長く付き合っていたが、やっぱ区切りじゃないですけど絆がより一層深まると思う」と語りました。「これまでのことへの思いはいろいろあるが、自分らしく幸せに生きていくことが大切と考えてきた。こうした制度ができたことはうれしい」「マイノリティを受け入れてくれた県の姿勢がうれしい。自分たちが利用することでLGBTの人たちの背中を押せたら」
 
 佐賀県によると、7日に交付第1号のカップルが県庁を訪れて宣誓を行なったとのこと。浦川さんカップルは2組目になります。県の人権・同和対策課は「制度の利用者が増え、県民の理解が深まれば」と話しているそうです。
 
 今回、地元のテレビに出演した浦川健二さんは、県の窓口に制度導入を要望する意見書を提出し、制度実現の立役者となった方です。こうして声を上げることで行政(制度)が着実に変わるんだ、と実感できた方も多いことでしょう。その勇気ある行動に拍手を贈ります(そして、おめでとうございます!)


参考記事:
日光市でパートナー証明第1号 誰もが暮らしやすい社会に(とちぎテレビ)
https://nordot.app/810332335828484096
パートナーシップ宣誓制度 第1号証明書交付 日光市/栃木(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20210915/ddl/k09/040/110000c
男性カップルに初の証明書 日光市の「パートナーシップ宣誓制度」(下野新聞)
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/500264

同性カップルなど公認 「絆深まる」2組に受領証 パートナーシップ宣誓制度(サガテレビ)
https://www.sagatv.co.jp/news/archives/2021091007142
九州初!佐賀県パートナーシップ宣誓制度(九州朝日放送)
https://kbc.co.jp/news/article.php?id=7720341&ymd=2021-09-10
パートナーシップ制度、宣誓書受領証を初交付 佐賀県(佐賀新聞)
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/736817
県のパートナーシップ宣誓制度 同性カップルに受領証 「県の姿勢うれしい」(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20210911/ddl/k41/040/432000c
県パートナーシップ制度で受領証交付 制度を市町に広める狙い(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASP9B7520P9BTTHB001.html

INDEX

SCHEDULE