g-lad xx

NEWS

バンコクでプライドが開催、数千人がシーロムを行進しました

2022年06月07日

 こちらのニュースでもお伝えしていたように、タイのバンコク中心部で6月5日、プライドパレードが行なわれ、数千人が行進、チャチャート都知事も参加しました。主催者によると、性的マイノリティの権利回復を求める本格的なパレードはバンコクでは初めてです(Bangkok Postなどの記事によると、最初のオフィシャルなプライドパレードは2006年に開催されており、16年ぶりだそうです)




 6月5日(日)15時、「Naruemit Pride 2022」と題したパレード(Naruemitは創造という意味)に参加したLGBTQの人々は「ゲイであることは誇り」「自分の子が異性愛者と思い込むな」「同性婚法制化の実現を」などと書かれたプラカードやレインボーフラッグを掲げ、目抜き通りを行進しました。ドラァグクイーンやトランスジェンダー、ダブルウエディングドレスのレズビアンカップルや、セクシーな格好のゲイの集団なども見られ、まるで台湾のパレードのようでした。大通りに差しかかると、マドンナやレディ・ガガ、ケイティ・ペリーの曲でドラァグクイーンがショーを披露したりしました(見たかった!)。参加者たちは夜になってもストリートに残って熱気が冷めやらなかったそうです。
 同性パートナーと一緒にパレードを応援していた会社経営のピケーさんは、「多様な性に対する理解は広がってきたと感じるが、法律が追いついていない。同性婚法制化は何年かかるかわからないけれど、実現してほしい」と話したそうです。
(パレードの画像や動画はこちらこちらに掲載されています)

 なお、「Naruemit Pride 2022」では、パレードだけでなく様々なイベントが開催されたようです。
 バンコクの新都知事に就任したチャチャート氏は、6月1日はサムヤンミットタウンで、6月3日はバンコク芸術文化センター前でプライドイベントに参加し、「世界は白黒だけではない」と述べ、バンコク都が提供するサービスについてLGBTQも平等に扱うことをアピールしました。
 6月3日には、マリオット・インターナショナルが「Wバンコク」を会場に「Love Out Loud」という活気あふれる1日限りのフェスティバルを開催しました。タイにおけるLGBTQの状況や職場における平等など重要なトピックに関する洞察に満ちたパネルディスカッションが行なわれ、夜には有名なタイのドラァグクイーンらが参加した「Love Out Loud」プライド・パーティが開催され、たいへんな盛り上がりになったそうです。(マリオットは日本でも、W大阪アロフト大阪堂島モクシー京都二条など、LGBTQフレンドリーな展開を見せていますね)
 来年以降も開催されるのであれば、ソンクランだけでなく、ぜひプライドにも行ってみたいですね。



 
 
 

参考記事:
バンコク初のLGBTQパレード 新任の知事も参加―タイ(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022060600084
Bangkok celebrates first Pride parade in 16 years(Bangkok Post)
https://www.bangkokpost.com/life/social-and-lifestyle/2321446/bangkok-celebrates-first-pride-parade-in-16-years
マリオットのプライド・パーティー「Love Out Loud」がバンコクで盛大に開催(タイランドハイバーリンクス)
https://www.thaich.net/news/20220608kt.htm
新バンコク知事も積極参戦。6月は「LGBT+プライド月間」(タイニュース・クロスボンバー)
https://x-bomberth.com/20220605lgbtpride/


INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。