g-lad xx

NEWS

シザーシスターズ、来日公演決定! ガガのツアー・サポートも

「世界一のパーティ・バンド」とも称される、NYのクラブシーンが生んだゲイバンド、シザー・シスターズ。昨年はアルバム『ナイトワーク』を引っさげてツアーを行い、カイリーの『アフロディーテ』にも曲を提供し、カイリー本人とも共演したほか、日本でもフジロックでトリをつとめるなど、大いに話題を集めました。
 そんなシザー・シスターズの単独公演としては4年ぶりとなる来日ツアーが今年2月に決定しています。『Fire With Fire』、『Any Which Way』といったアルバムからの最新シングルはもちろん、『Comfortably Numb』『Take Your Mama』『Mary』『Filthy/Gorgeous』『ときめきダンシン』といったこれまでのヒット曲もプレイしつつ、ジェイクが脱ぎ(お約束)、ハデなパーティ・ライブが繰り広げられること間違いナシ。楽しみです。
 ちなみに、来日公演終了後は、レディ・ガガの「モンスターボール・ツアー」のオープニングアクトをつとめることになっているそうです(2/24はワシントンD.C.、2/28はシカゴ、3/28はLA)。アメリカ在住の方たちがうらやましいですね!
 
シザー・シスターズ単独来日公演
■大阪
日時:2月8日(火)OPEN18:00 START19:00 
会場:大阪NAMBA HATCH
■東京
日時:2月9日(水)OPEN18:00 START19:002
会場:ZEPP TOKYO


有名なフランスのゲイ雑誌
『TETU』の表紙も飾った
ジェイク・シアーズ
 そんなノリにノったシザー・シスターズのフロントマン、ジェイク・シアーズが、米国のIndependentOnlineのインタビューに応え、「10代のゲイのロールモデルになれたらうれしい」と語りました。
「10代のゲイの子たちが学校でどんなふうにいじめられるか、カミングアウトがどんなものか、その大変さはよく知ってるよ。10代のゲイの子たちのニュースを聞いたとき、これ以上の悲劇はないと感じた。日々を懸命に生きてるハイスクールの生徒には、状況はちょっとずつよくなってるなんてこと、なかなか実感できないんだ。もし僕が、彼らにゲイのロールモデルとして見てもらえたら、ハッピーで、本当にいい人生を送ってることを知ってもらえたら、これほどうれしいことはない、誇りに思うよ」
「僕にもお手本になるようなゲイの大人たちがいた。それはとても大事なことなんだ。自分はこれでいいって信じて、自分らしさを捨てないこと。犠牲も払わなきゃいけないこともある、耐えなきゃいけないこともある、でも、それは決してムダなことじゃない。自分が何者かを見極めるために」


Scissor Sisters frontman proud to be gay role model(ChicagoPride.com) 
http://chicago.gopride.com/news/article.cfm/articleid/15354649/scissor-sisters-frontman-proud-to-be-gay-role-model

INDEX

SCHEDULE