g-lad xx

NEWS

俳優のマット・ボマーが3年前に同性婚していたことが明らかに

 

[+dr.title+]

マット・ボマー(左)とパートナー
のサイモン・ホールズ(右)

 俳優のマット・ボマーが、5月にアメリカで放送されるTV映画『The Normal Heart(原題)』について『Details』誌のインタビューに答え、その中で、自身の長年のパートナーでハリウッドのパブリシストとして活躍するサイモン・ホールズと3年前に結婚していたことを語りました(二人が2011年に結婚していたということ以上の詳細には触れられていなかったようです)

 マット・ボマーは、2012年2月にHIV/AIDSに関連した活動でニュージェネレーション・アーツ・アンド・アクティヴィズム賞を受賞した際、「僕は愛する家族に感謝をしたい。サイモン、キット、ウォーカー、ヘンリー、無償の愛とは何かということを教えてくれてありがとう。君たちは僕が最も誇りに思う功績だ」とスピーチをし、ゲイであることをカミングアウト。このスピーチで挙げた名前が、パートナーのサイモン・ホールズと3人の子どもたちのことでした。

『The Normal Heart(原題)』は、HIVが猛威を振るいはじめた1980年代のNYのゲイコミュニティを描いたラリー・クレイマーの自伝的ミュージカル『The Normal Heart』を下敷きに、『glee』のライアン・マーフィーがTV映画化したものです。
 マット・ボマーはこの作品について「(書籍版を読んだ当時)自分のセクシュアリティに関して言えば、僕は明らかに別のところにいた。それがどういう意味であれ、14歳の頃は女の子とつきあっていたんだ。あの本は完全に僕の世界を揺るがし、新たな世界への扉を開けた」と語りました。また、活動家としても知られるラリーについて、「彼のような人がいなかったら、今、僕らの持っている権利は存在しなかったのかもしれない」「常に大衆に受け入れられるものではないかもしれないが、この国の文化的景観に大きな影響を与えた人物だ」と語っています。
 今年5月にHBOで放送されるそうですが、いつか日本でも観られるようになることを期待します。

 TVドラマ『ホワイトカラー』や映画『TIME/タイム』『マジック・マイク』(続編が来年夏に公開予定)などの話題作に出演してきた売れっ子俳優のマット・ボマー、子役から見事に大女優にまで登りつめた(ゴールデングローブ授賞式でセシル・B・デミル賞を受賞した)ジョディ・フォスター、ファッションデザイナーのトム・フォードなど、世界を代表するPOWER GAY(影響力をもったゲイ・アイコン)の幸せな報告が続きます。素敵なことです。


新作TV映画『The Normal Heart』に出演のマット・ボマー、3年前に結婚していた!(海外ドラマNAVI)
http://dramanavi.net/news/2014/04/tvthe-normal-heart3.php

「ホワイトカラー」のマット・ボマー、3年前に同性婚していた(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0062439

 

INDEX

SCHEDULE