g-lad xx

NEWS

4月からNHK総合でドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』放送決定

 今年は『おっさんずラブ』の劇場版およびドラマ第2弾放映も決定し、また、『きのう何食べた?』の実写ドラマ化も話題になっていますが、NHKも昨年の『弟の夫』に続いてゲイのドラマを制作することを発表しました。
 
 ドラマは『腐女子、うっかりゲイに告る。』というタイトルで、ゲイであることを周囲には伏せている男子高校生の純と、腐女子(BL=ボーイズラブの漫画にハマっている女子)の同級生・三浦さんを中心とした青春群像劇。自分の好きなものに正直でいることや、世間にとって“ふつう”の幸せを手に入れることの難しさなどを、高校生の視点でみずみずしく描いた作品だそうです。
 浅原ナオトさんの小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』が原作で、同作はWeb小説サイト「カクヨム」に投稿され大反響を呼んだことを受け、2018年2月に大幅な改稿のうえ単行本化しました。
 各章のタイトルにすべてクイーンの楽曲名がつけられているのが特徴で、QUEENは物語においても重要な役割を果たしているそうです。
 
<あらすじ>
安藤純(金子大地)は、ゲイであることを自覚し、年上のマコトさん(谷原章介)とつきあいつつも、周囲にはそれを隠し、「異性を愛し、子どもを作って、家庭を築く」という“普通の幸せ”への強いあこがれも持っている男子高校生。そんな純はある日、たまたま本屋で同級生の三浦さん(藤野涼子)に遭遇し、彼女が“腐女子”であることを知る。「BLはファンタジーだ、現実のゲイは汚い」と言う純に、「それは現実のゲイの人に失礼だ」と猛抗議する三浦さん。三浦さんに興味を持った純は、彼女の愛する同人誌イベントに同行する。一方で三浦さんは、“腐女子”というフィルターを通さずに自分を見てくれる純に、次第に惹かれていった。そしてついに、幼なじみのお膳立てによって三浦さんは純に告白。「三浦さんとなら、普通の幸せを手に入れられるかもしれない」そう考えた純は、三浦さんの告白を受け入れ、順調にデートを重ねていくが……。

 主演を務めるのは『おっさんずラブ』で栗林歌麻呂役(あのオフィスでほぼ唯一のノンケ男性の役)だった金子大地さん。谷原章介さんとゲイカップルを演じます。その他、藤野涼子さん、小越勇輝さん、安藤玉恵さんらが出演します。
 4月20日(土)よりNHK総合にて放送予定です。
 なお現在、同作のエキストラを募集中だそう。詳細は公式サイトでご確認ください。


 
ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』
NHK総合
23:30~23:59
2019年4月20日(土)から連続8回予定
原作:浅原ナオト『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』
脚本:三浦直之
出演:金子大地、藤野涼子、小越勇輝、安藤玉恵、谷原章介 ほか
制作統括:篠原圭、清水拓哉
プロデューサー:尾崎裕和
演出:盆子原誠、大嶋慧介、上田明子、野田雄介




金子大地がNHKドラマ初主演!腐女子と付き合うゲイの高校生に(ザテレビジョン)
https://thetv.jp/news/detail/177912/

金子大地、NHK初主演でゲイの少年役 “腐女子”藤野涼子と青春群像劇(ORICON)
https://www.oricon.co.jp/news/2128605/full/

金子大地がゲイの少年役でNHK連ドラ初主演『腐女子、うっかりゲイに告る。』(CINRA.NET)
https://www.cinra.net/news/20190201-fujyoshiukkari




INDEX

SCHEDULE