REVIEW

その他の記事

映画『コンポーシヴ・プラクティス/やめられない習慣』

コミュニティセンターaktaで、アメリカでHIV/エイズについて映像を制作してきた9組の方たちの作品を紹介する『コンポーシヴ・プラクティス/やめられない習慣』が上映されました。レビューをお届けします。

映画『コンポーシヴ・プラクティス/やめられない習慣』

2017年8月5日(土)、コミュニティセンターaktaで、アメリカでHIV/エイズについて映像を制作してきた9組の方たちの作品を紹介する『コンポーシヴ・プラクティス/やめられない習慣』の上映とトークショーが行われました。レビューをお届けします。(後藤純一)


 『コンポーシヴ・プラクティス/やめられない習慣』は、レーガン政権の無策の下で次々にゲイが亡くなっていった80年代の、GMHC(ゲイ・メンズ・ヘルス・クライシス)やACT UP!が結成され、胸が締め付けられるような闘いの時代から、本当に最近の(PrEPの話が出てくるような)映像まで、HIV/エイズにまつわる様々な映像の断片が、80年代のフィルムを倉庫から掘り起こすシーンなどを挟みながら次々に紹介されていく1時間の映像でした。
  
 9組の映像作家の作品のうち、最初に登場したのは、HIV陽性の姉(おそらく亡くなったのではないかと思います)が産んだ子どもを託された弟さんが、彼氏さんと一緒に子どもを育てるというフィルムでした。そして最後の映像が、最近の、若くしてHIV陽性であることがわかった男の子が、パートナーと一緒に子育てをしていて、養子縁組が認められて感激したというストーリーで、最初と最後が子どもの話で繋がっているのが印象的でした。
 
 女性たちもたくさん登場します。初めてセックスワーカーという言葉を使った伝説の女性キャロル・リーが、とてもポップでパワフルな映像をいろいろ作っていました。エイズ禍の時代、注射針で感染した女性がカムアウトし、娘に希望を託しながら、薬を断って、活動していくという話。南部の黒人女性たち。
 
 もちろんゲイもたくさん登場します。M・A・Cのエイズチャリティパーティでのドラァグクィーンショー、今のヴォーグ・コミュニティの人たちをレポートしているイケメンなゲイの方(映画祭で上映された『キキ』とリンクして、興味深かったです)、それから、ゲイで、HIV陽性で、薬物依存から回復しつつあって、「Fabulous Disease」というビデオシリーズを発表している方が、アトランタ・プライドの先頭のオープンカーに乗って行進したり、ステージで聴衆から拍手を受けるシーンはとても心温まるものがありました。
 
 上映後のトークショーでも語られていましたが、この作品はおそらく、これまで、HIV/エイズについて発表されてきたさまざまな映画やドラマがほとんど白人のゲイが中心だったのに対し、さらに周縁化されている人々(有色人種だとか、女性だとか、子どもだとか)をフィーチャーし、その声を掬い上げ、リアリティを伝えるような意図があったと思います。
 
 全体を通して感じたのは、アメリカではカミングアウトしている陽性者の人たちが本当に多いということ、しかもYoutubeなど映像を使って発信している人が本当に多いんだなぁということが印象的でした。 
 
 個人的な話で恐縮ですが、1997年に映画祭のボランティアをしてHIV関連のシリアスな短編に日本語字幕を付けたのがHIVコミュニティとの関わりの最初だったのですが(その時に長谷川さんが登壇して「今日の映画はひどい。エイズはもう死の病ではない」と宣言しました)、あれから20年経って、時代はずいぶん変わって(治療や予防、HIVに対するイメージも)、たとえ感染したとしても、早くわかって治療できればずっと元気にやっていけますし、本当によかったと思うのですが、例えば2000年代前半には、ゲイコミュニティで、HIVについてのイベントもたくさんあっただけでなく、HIVやSAFER SEXに関する映画がいろいろ作られていて(代表はNLGRで上映された『四角い夏』『ひまわり』だと思います。手前味噌ですが、GUTSというグループでも『エスムラルダの「検査なんて怖くない」』など数本を制作しています)、今はほとんどそういう映画を目にしなくなってしまったなぁ…、それは、HIVがそれほど深刻な問題ではなくなったからなのか、コミュニティがHIVへの関心を失ったからなのか、コミュニティ自体が弱くなったからなのか…と考えていました。
 
 ともあれ、こういう貴重な映像を日本に持ち帰り、独力で字幕をつけてみんなが観ることができるようにしてくれたNormalScreenの秋田さんに、感謝したい気持ちです。
 8月7日(月)までaktaで観ることができますので、都合の合う方はぜひ。
 
『コンポーシヴ・プラクティス/やめられない習慣』上映&関連アート作品展示
会期:〜8月7日(月)16:00-22:00
会場:コミュニティセンターakta
入場無料
※コミュニティセンターaktaのご厚意で、上映がしばらく延長されることになったようです。詳しくはaktaまでお問い合わせください