REVIEW

その他の記事

ゲイ感涙!な海外ドラマ『Glee』

『ハイスクール・ミュージカル』の合唱版(FOX版)と言われ、全米で大ヒット中のミュージカル・ドラマ『Glee』。歌とダンスのシーンだけでなく、ストーリーも素晴らしく、ゲイが喜ぶ要素が「これでもか!」と詰め込まれたゲイ必見(感涙)なプレミアムドラマです。

ゲイ感涙!な海外ドラマ『Glee』

 

 全米で話題沸騰中(シーズン3まで制作決定!)、日本でも高視聴率をマーク中という海外ミュージカルドラマ『Glee』。ヴィクトリア・ベッカム、ジェニファー・ロペス、スーザン・ボイルらの出演が噂され、マドンナやガガのフィーチャリングをうらやましく思ったブリトニーが「自分の曲も使って」と語ったり、一種の社会現象を起こしている、なんともゴージャスなドラマです。
 そして、先日見事にGLAADメディア賞も受賞したように、ゲイにとって見逃せないドラマでもあるのです。
 

 舞台はオハイオ(田舎)の高校。かつては輝いていたものの、今や衰弱し、廃部寸前となっていたグリークラブを、栄光当時のグリークラブの花形シンガーであった熱血教師のウィルが、立て直そうと決意。新入部員を募集して入ってきたのは、いじめられっ子の女の子、ゲイ、太った黒人の女の子、アジア系の女の子、車いすの生徒など、いわゆるイケてないメンバー。そんな中、アメフト部の花形クォーターバックであるフィンを無理やり入部させることに成功し、地区大会優勝に向けて練習に励みます。 
 ドラマ内で使われる歌は、昔流行った懐かしのヒット曲からミュージカルのスタンダードナンバーまでもりだくさん。アメフト部員がビヨンセの『Single Ladies』を歌って踊るシーンは抱腹絶倒。次から次に知ってる曲が歌われているのが心地よく、思わずサントラを買いたくなります。

 このドラマで僕ら的に超重要なキャラクターがゲイのカートです。アレキサンダー・マックィーンがデザインしたふわふわのセーターを着て見事な高音を響かせるカートは、グリークラブのディーバ、レイチェルに対抗したり、男らしさを要求する父親との間の葛藤に悩んだりします。
 カート役を演じている19歳の個性派俳優クリス・コルファーは、ゲイ雑誌『Advocate』のインタビューで自身もゲイであることをカミングアウトしています。


 この『Glee』、第13話まで放送されてきましたが、これまでの中で最も素晴らしかった第9話のエピソードの一部をご紹介してみたいと思います。

 地区大会に向けて準備を進めるグリークラブの団員たち。車いすのアンディが乗れるようなバスを借りるためにチャリティケーキを販売し、全員が車いす生活を体験します。
 ゲイのカートは、葛藤しながらも父親にカミングアウトし、受け入れてもらうことができました。が、父親は「お前の息子はホモだ」といういやがらせの電話を受けていました。
 カートは、ミュージカル『Wicked』の歌が地区大会の候補曲になったのを知り、「僕のほうがソロをうまく歌える」とレイチェルに挑戦状をつきつけます。父親は「なぜ女性でなければならないのか、差別じゃないのか」と学校に乗り込みます。結果、部内でオーディションが行われることになります。勝負はイーブンでしたが、カートは、最後の最後に高音を外し、負けてしまいます。「わざと負けたんだ」とカートは父親に言います。「僕は5歳の頃にゲイだと自覚し、強くなった。でも、父さんが匿名の電話に傷ついたりするのを見てられない。僕が人前で歌えば、きっと父さんはもっといやがらせを受けるよ」。父親は「母さんそっくりだな…。カート、タイヤ交換を手伝ってくれ」。カートは「着替えて来る。この服、アレクサンダー・マックイーンなんだ」
 一方、鬼コーチのスーは、チアリーディング部にダウン症の女生徒を入部させます。シュースターは「絶対、何か裏がある」と訝しみます。スーはダウン症の女生徒を「他の生徒と同じように」特訓し、それはシュースターから「いじめ」だと言われますが、彼女は笑顔でした。なぜスーがそんなに彼女の面倒を見るのか…その理由は、あまりにも意外なことでした…



 FOXの『Glee』は現在、第14話の公開待ちで、これまでのエピソードを連続放送している最中です。30日の日曜日には「イッキ見サンデー」と題して第7話~第13話をまとめてお送りします。FOXを視聴できる方はぜひ、エアチェックしてみてください。

 

『Glee』イッキ見サンデー
5月30日(日)14:00〜19:30  第7話~第13話を放送