g-lad xx

NEWS

ビリー・ポーターが実写版『シンデレラ』にフェアリーゴッドマザー役で出演することが明らかになりました

 ドラマ『POSE』に主演し、オープンリー・ゲイの俳優として初めてエミー賞ドラマ部門主演男優賞を受賞したビリー・ポーターが、新作実写映画『シンデレラ(原題:Cinderella)』にフェアリーゴッドマザーの役で出演することが明らかになりました。

 本作はおなじみのウォルト・ディズニーではなく、米ソニー・ピクチャーズが製作するもので、有名なシンデレラの物語を「現代的に再創造する」作品だそう。ロブ・マーシャルのミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』に主演するなど俳優・コメディアンとして大活躍するジェームズ・コーデンがアイデアを出した企画で、ショーン・メンデスとのデュエット『セニョリータ』が大ヒットしたカミラ・カベロが主演、『ピッチ・パーフェクト』シリーズの脚本家ケイ・キャノンが執筆し、監督も務めます。ビリー・ポーターは、シンデレラに「ビビディ・バビディ・ブー」の呪文でカボチャの馬車を用意し、美しいドレスを着せ、ガラスの靴を履かせる魔法をかけるフェアリーゴッドマザーの役を演じます。『キンキー・ブーツ』でもドラァグクイーン役でしたし、今年のアカデミー賞授賞式では美しいタキシード・ドレス姿でレッドカーペットに登場し、MET GALAでは屈強な男たちが担ぐ輿に乗って太陽神として登場するなど、クィアなファッションにかけては並々ならぬ気合いの入れようで注目を集めているビリーですから、きっと、アッと驚くフェアリーゴッドマザーの姿を見せてくれることでしょう(楽しみですね)
 カミラ・カベロ版『シンデレラ』は2021年2月5日全米公開予定で、2020年2月から撮影がスタートするそうです。 

 ビリー・ポーターは、2013年に舞台『キンキー・ブーツ』のローラ役でトニー賞の主演男優賞に輝くなど、数々の舞台作品で活躍し、2019年9月には『POSE』の演技を評価され、第71回エミー賞のドラマ部門で主演男優賞を受賞しました。先頃、自伝の出版契約を結ぶことになったほか、近々『POSE』のエピソードでメガホンをとることも決まっているそうです。この輝かしい業績、人気、評判は、とどまるところを知らない勢いがあります。今後も要注目です。
 

  
 

実写版「シンデレラ」にビリー・ポーター(映画.com)
https://eiga.com/news/20191017/8/

カミラ・カベロ主演の実写版「シンデレラ」に、エミー賞受賞俳優ビリー・ポーターがフェアリー・ゴッドマザー役で出演決定! さらにイジワルな継母役にはあの人が…?(TVGroove)
https://www.tvgroove.com/?p=21043

カミラ・カベロ版『シンデレラ』フェアリーゴッドマザー役にLGBTQ黒人男優を起用 ─ 「POSE/ポーズ」でエミー賞受賞、継母役は『アナ雪』エルサ女優が交渉中(THE RIVER)
https://theriver.jp/camila-cinderella-billy/
 

INDEX

SCHEDULE