g-lad xx

NEWS

「新型コロナウィルス感染拡大によってLGBTがどのような困難を感じているか」アンケートの中間報告が発表、「今まで後回しにしてきたことが喫緊の問題として目の前にやってきた」と語る方も

 昨日の「法律上の家族ではないから」とパートナーの入院先を教えてもらえなかった…コロナ禍で顕在化するゲイの不安というニュースとも関連しますが、「新型コロナウィルス感染拡大によってLGBTがどのような困難を感じているか」についてのアンケートの中間報告が発表され、「病院で家族として扱われるのか」「強制的なカミングアウトにつながるのではないか」といった不安の声が寄せられていることが明らかになりました。
 
 同性婚の法制化を目指す一般社団法人「Marriage For All Japan(MFAJ)」が21日、報告したところによると、このアンケートには4月6日〜17日の間に178件の回答が寄せられました。アンケートの締切は今月末ですが、緊急性の高い速報データを発表したそうです。
「新型コロナウィルスの感染拡大は、日本でも家庭、経済、医療等多岐にわたる分野で様々な影響が起こっており、中長期的に続くことも想定されますが、LGBTQの当事者やその周りの方々に起こっている様々な影響については、根強く残る差別や偏見が原因となり、その声は、現状、表に出ておらず、それゆえに社会保障などの必要な支援が届きにくい可能性があります。そのような状況の改善を目指し、集約したアンケート結果については、災害時や危機的状況下での喫緊の課題として、LGBTQ等の困難を抱える層の権利保障とプライバシーに配慮した支援に向けて、国や自治体、各種団体、メディア等に、積極的に情報提供を行う予定です」

 以下、寄せられた回答の概要をお伝えします。
「1. 新型コロナウィルスの感染拡大により、特に、パートナーとの関係が保障されていないために、抱えている困難や不安、実際に起きた出来事など」についての回答としては、「入院・緊急・万が一の時に連絡がとれるか(家族扱いしてもらえるか)の不安」が68件(約4割)、「(感染時の)家族・友人・病院・会社・学校への報告や公表に関する不安」が24件(約2割)となりました。

「2. 一人のLGBTの当事者として、あるいはその家族、友人、同僚として、抱えている困難や不安、実際に起きた出来事など」については、「(感染時の)家族・友人・病院・会社・学校への報告や公表に関する不安」が20件、「入院・緊急・万が一の時に連絡がとれるか(家族扱いしてもらえるか)の不安」が19件となりました。 

「3. 政府や公的機関に求めること」については、「生活保障・資金援助・現金給付」が45件、「同性婚の実現・婚姻平等法の法制化」が44件となりました。

 そのほかにも、下記のような意見が寄せられました。
・入院時に病院から連絡をもらえない、同性パートナーは家族とみなされず同意書を記入できない可能性がある
・万が一亡くなった時の葬儀の参列、遺産相続の問題
・PCR検査による予期せぬアウティング(例えば濃厚接触者として挙げられてしまうことで、セクシュアリティが明かされてしまう)
・リモートワークで生じる予期せぬアウティング(オンライン打ち合わせの時に背景や声が入るなど同棲などの生活感が見えてしまう)
・定期的に通院が必要となるトランスジェンダーとしての不安
・外国人パートナーのビザの問題
・国からの補償が世帯単位なので、世帯にカウントされないという問題 ※4月6日アンケート開始時は一律10万円給付報道がされていませんでした。
・パートナーの子どもの世話のために仕事を休むことができない(休校措置などが影響)
・ある自治体では同性カップルは家族として認められないので、不要不急とみなされ、会うことさえもできなくなる
・LGBTQコミュニティでリアルなコミュニケーションができず孤独感が高まる(一方、オンライン会議システムなどをうまく使ってコミュニケーションを取り合い励まし合っている事例も)

 MFAJでは、アンケート回答者に個別に電話ヒアリングも行い、当事者が切迫した状況に置かれていることが明らかになりました。「以前はこういったアンケートに回答することはなかった。しかし新型コロナウィルスの感染拡大で命の危険、経済やプライバシーの問題が間近に迫ってきたときに、当事者として声を上げられずにはいられなかった。今まで、将来のことと後回しにしてきた問題が、喫緊の問題として目の前にやってきた感じだ」と語る方もいらしたそうです。
 
 また、子どもを育てている同性カップルからは、小学校休校対応時の保護者の助成金が受給できるか不安に感じているという声が寄せられ、MFAJ所属の弁護士が厚労省に確認したところ、1)小学校休業等対応助成金(事業者向け)、2)小学校休業等対応支援金(フリーランス向け)のいずれも、同性カップルであっても「子どもを現に監護している者」であれば認められる旨、回答を得たそうです(大事な情報ですね)

 アンケートは今月末まで実施されています。
 

 
参考記事:
「病院で家族として扱われるか」 LGBTQ、不安高まる(オルタナ)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200422-00010002-alterna-soci
LGBTQ当事者からコロナ禍で「病院で家族として扱われるのか」「強制的なカミングアウトにつながる」等、不安や危機感の声が集まる。同性婚法制化を目指す団体が、緊急オンライン・アンケートの速報を発表。(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000054117.html

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。