g-lad xx

NEWS

【署名のお願い】「LGBTは種の保存に背く」「道徳的にLGBTは認められない」発言の撤回と謝罪を求めます

「差別は許されない」と記すLGBT法修正案をめぐる自民党内の会議のなかで「道徳的にLGBTは認められない」「人間は生物学上、種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背くもの」などの差別発言があったことに対し、差別禁止法の制定を求めてきたコミュニティ有志の方たちが、発言の撤回と謝罪を求める署名キャンペーンを立ち上げました。
 
 夜中の0時頃に立ち上げられたこの署名には、2時間で5000人を超える方々が賛同し、「発言の撤回と謝罪」がTwitterのトレンドとなりました。
 ゲイコミュニティの中でも、本当にたくさんの方が、この署名への賛同を呼びかけています。
 杉田水脈議員の「生産性がない」発言や、白石区議の「足立区が滅ぶ」発言に続く、大きなうねりを感じさせます。署名が何万、何十万と集まれば、(入管法改正案が取り下げられたように)与党も動くのではないでしょうか。



 Twitter上ではその後も続々と、怒りや悲しみや批判の声が上がっています。アライの方(映画『チョコレートドーナツ』公式)からの素敵なコメントもありました。少しご紹介します。



 「僕は道徳的に認められない人間なのか…」とショックを受けてしまっている方もいらっしゃることでしょう。
 自分の言葉では気持ちをうまく表現できないという方もいらっしゃることでしょう。
 でも、署名に賛同することで、「ゲイであることは別に悪いことじゃない」「あなたに認めてもらえなくても、僕らは誇りを持って生きてるし、幸せです」といった意思表示をすることができると思います。10代など、傷つきやすく、なかなか声を上げられない方たちを守ることにもつながると思います。
 このあとまた、「#私たちはここにいる」の時のような、何か素敵なキャンペーンも始まる予感もしますが、取り急ぎ今できることとして、署名に賛同してみてはいかがでしょうか。

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。