g-lad xx

NEWS

台湾同志遊行、初のオンライン開催へ

 今年の台湾同志遊行(台北プライド)が、初めてオンライン開催となることが明らかになりました。  
 
 2019年には同性婚が実現し、世界中から約20万人が集まって祝福感あふれるパレードとなり、昨年も、世界中のパレードが中止となるなか、無事に開催され、約13万人が参加してコロナ禍以降世界最大のパレードとなった台湾同志遊行(Taiwan LGBT Pride)。今年も当然、リアル開催されるものだと思っていたのですが…残念ながらオンライン開催となりました。
 
 昨年の10月頃の台湾は、市中感染ゼロが半年続いていた状態で、だからこそ13万人もの人々が集まる大規模なパレードが実現したのですが、今年は5月にブレイクがあり、現在も1日あたり1ケタの新規感染が続いている状況です(限りなくゼロに近い、日本に比べたら全然大したことない数字ですが、それでもオンラインになってしまうのですね…)
 
 主催する台湾彩虹公民行動協会の蔡雅婷秘書長は、オンラインでの開催に切り替えたことについて、「過去の経験に基づくと、ボランティアスタッフの人数だけで中央感染症指揮センターが定める人数制限の基準を超えてしまうため」と説明しました。
 双方向型のWebサイトを開設し、各地からオンライン上のパレードに参加できるようにして、臨場感を表現するそうです。例年同様にイメージキャラクターや有名人を招いたパフォーマンスも行なわれる予定です。YouTube上に4つのチャンネルを開設し、メインチャンネルではメインステージの模様を配信、その他の3つのサブチャンネルでは過去のパレードに登場したフロートや広告宣伝車などの様子を紹介するそうです。
 蔡秘書長によると、街頭でのイベントも一部実施するそうです。台北市政府観光伝播局がプロジェクションマッピングを実施するほか、主催者側も会場周辺にフォトブースなどを設置するとしています。

 またイベントが近くなってきたら、以下の公式サイト等で詳細が発表されると思いますので、チェックしてみてください。

第19回台湾同志遊行(Taiwan LGBT Pride)
日時:10月30日(土)
公式サイト:https://www.taiwanpride.lgbt/
Facebook:https://www.facebook.com/Taiwan.LGBT.Pride/


 来年の台湾同志遊行は20回を記念する回です。来年こそは、行き来もできるようになり、アジア中から台湾に大集合して、パレードもクラブパーティも西門のフェスも盛大に、楽しく盛り上がることと期待します(そう信じます)
 
 
参考記事:
台湾LGBTプライド、初のオンライン開催へ 新型コロナの影響受け(フォーカス台湾)
https://japan.cna.com.tw/news/asoc/202109090003.aspx

INDEX

SCHEDULE