g-lad xx

NEWS

米国務省が初めて性別欄に「X」と記載したパスポートを発給しました

 今年7月、米国務省がノンバイナリー等への配慮としてパスポートの性別欄のサードジェンダー表記を認めることを検討というニュースをお伝えしていましたが、10月27日、国務省が性別欄に「X」と記載したパスポートを初めて発給したことを発表しました。発表前日の26日は、性分化疾患(DSD)への理解を広める「Intersex Awareness Day」でした。 

 
 米国務省によると、性別に「X」を選択できる制度はパスポートに加え、海外在住の米国民に発行する出生証明書にも適用されます。2022年初めまでにシステムが整備され、広く利用可能となります。
 同省のネッド・プライス報道官は声明で、「今回のパスポート発給に際し、LGBTQI+の人々を含むすべての人の自由、尊厳、平等の促進に対する国務省の取組みを改めて約束したい」と述べ、ジェンダー・アイデンティティをめぐる差別に直面する人々に対する支援を表明しました。
 同省はまた、米国籍保持者がパスポートに記載する性別を自ら選択することを許可しました。これまでは、出生証明書などの書類上の性別(出生時に割り当てられた性別)と異なる性別を記載するためには医学的な証明が必要とされていました。

 新たなパスポートを受け取ったのは、コロラド州に住むインターセックス(性分化疾患)かつノンバイナリーのダナ・ジムさんという方です。ダナ・ジムさんの出生証明書の性別欄は「不明」で、両親に男性として育てられました。過去には性別欄の記載をめぐってパスポートの申請を却下されたことがあり、インターセックス擁護団体幹部として国際会議に出席することができませんでした。2015年、パスポートの性別欄に「X」と記載する権利を求めて裁判を起こし、控訴裁で勝利を得ていました。今回、ようやく「X」と記されたパスポートを手にすることができました。
「封筒を開けて、性の下に『X』と記された新しいパスポートを見て、涙が出そうになりました」
「私にとって素晴らしい瞬間です。私たちの存在をもう否定することはできません」
「6年かかりましたが、正確なパスポートを手にすることができました。男か女か、どちらかのアイデンティティを強いるものではなく、私はどちらでもないと認めてくれるものです。解放された気分です」
「これまでは人間としての立場を否定され、まるで刑務所にいるようでした。法的に認められたことで、あらゆる意味で私が私でいられると感じます。これで私たちは法的に存在していることになります」
 

 英人権団体「Employers Network for Equality and Inclusion(平等と包摂のための雇用者ネットワーク)」によると、2020年3月時点で、パスポートの性別欄に「X」などのサードジェンダー表記を認めている国はカナダ、アルゼンチン、オーストラリア、デンマーク、オランダ、ドイツ、マルタ、ニュージーランド、、パキスタン、インド、ネパールでした。こちらの記事ではバングラデシュも、こちらの記事ではアイスランドも同様にサードジェンダー表記を認めています。したがって、今回の米国を合わせて世界14ヵ国で承認されていることになります。(ベルギーやフランス、英国などでも検討が始まっているようです)
 日本で「X」などのサードジェンダー表記が認められるのはいつのことになるでしょうか。



参考記事:
米 性別「X」のパスポート発行 性的マイノリティーの人に対応(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211028/k10013325421000.html
米パスポート 性別欄に「Xジェンダー」(日テレ)
https://www.news24.jp/articles/2021/10/28/10963918.html
男性でも女性でもない「Xジェンダー」対応のパスポート米で発行(TBS)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4392365.html
「X」の性別表示 米で性的少数者用パスポート発行(テレ朝)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000233297.html
米、初の性的少数者用旅券を発行 性別欄、男女のほかに「X」(共同通信)
https://nordot.app/826271475529089024?c=39546741839462401
パスポートの性別欄に「X」、米で初めて発給 元米兵の性的少数者に(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASPBX23D8PBWUHBI01H.html
男女以外の表記の旅券発行 米国務省(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20211028/k00/00m/030/012000c
米、性別「X」のパスポート初発給 性的少数者を支援(AFP)
https://www.afpbb.com/articles/-/3372990


INDEX

SCHEDULE