review

その他の記事

田亀源五郎『奴隷調教合宿』

ゲイエロティック漫画の単行本としては約3年ぶりとなる田亀源五郎さんの最新刊『奴隷調教合宿』が発売されました。レビューをお届けします。

田亀源五郎『奴隷調教合宿』

月刊アクション連載中の『弟の夫』が高い評価を得ている田亀源五郎さん。ゲイエロティック漫画の単行本としては2014年6月の『エンドレス・ゲーム』以来となる『奴隷調教合宿』が、2016年2月に発売されました。タイトル作の『奴隷調教合宿』と併録の『金曜の夜は四つん這いで』、ともに『バディ』に掲載された作品で、いずれも加筆修正して単行本化されました(今回もポット出版から発売されています)。レビューをお届けするとともに、発売記念トークショーのご案内も差し上げます。(後藤純一)


 タイトル作の『奴隷調教合宿』は、王道にして直球のゲイSM作品で、およそありとあらゆるSMプレイが盛り込まれた一大スペクタクル巨編となっています。ストーリーもたいへん面白く、「えー、そこまでやっちゃうの?」とか、「そんな展開になっちゃうんだ?」と思うこと請け合いです。若いマッチョが好きな方も、がちむちヒゲ野郎系が好きな方も、太めが好きな方も楽しめると思います。伝説的な名作『銀の華』は江戸の遊郭が舞台でしたが、こちらは現代の大学の野球部。『銀の華』が「いまここ」ではない世界のフィクションとして、ある意味、百花繚乱のゲイテイストな趣向や芸術性を楽しめたのに対し、『奴隷調教合宿』は、実際にありそうな、汚い大人たちの生々しい欲望がリアルに描かれているだけに、より残酷さが際立ち、エロティックでもあり、SMの真髄に迫るものがあると思います。ちょっと深読みしすぎかもしれませんが、さりげなくフェミニズム的な要素が入っていたり、人が洗脳されていく過程が描かれていたり、そこに社会的なメッセージを読みとることも可能かもしれません。
 
 併録の『金曜の夜は四つん這いで』も、短編ながら、ゲイの心をわしづかみにするような傑作でした。田亀さん自身、あとがきで「『弟の夫』では、主にゲイを「同性を愛する人間」として描いているので、こちらでは「同性に欲情する(同性とセックスする)人間」という側面に、フォーカスを定めたいと思った」と書いているように、おつきあいとか愛情とかを排し、潔く、徹頭徹尾ヤリまくるゲイの物語で、ゲイの世界のある一面を端的に、見事に描ききっていると思いました。短髪ヒゲマッチョのイカニモなモテ筋が肉便器と化している様をフィクションと見るかリアルと見るかは、きっと意見が分かれるところだろうと思うのですが、そういうモテ筋な(ヤル相手に困らない)マッチョくんが一人でわびしくご飯を食べるシーンが意識的に繰り返し描かれているところに、田亀さんらしい文学性を感じました。

『弟の夫』は文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、フランス語版は今年のアングレーム国際漫画祭にノミネートされ、現地でパネル展示やサイン会も行われました。海外では以前からGengoroh Tagameをゲイエロティックアートの巨匠として評価し、個展などもたびたび開催されてきましたが、日本でも田亀さんのゲイエロティックコミックがもっと公に(それこそ文化庁とかに)評価されるようになるといいですね。


奴隷調教合宿 
著:田亀源五郎/希望小売価格:2,400円+税(この商品は非再販商品です)/発行:ポット出版プラス/A5判/288ページ/並製・函入



 なお、『奴隷調教合宿』の発売を記念して、2月24日にトークショーが行われます。聞き手にエスムラルダを迎え、田亀源五郎の世界におけるエロとSMの意味を存分に語るものとなりそうです。トークショー終了後にはサイン会も行われるそうですので、ぜひ。

新刊『奴隷調教合宿』紙版電子版同時発売記念
田亀源五郎トークイベント
「田亀源五郎におけるエロとSM」
日時:2017年2月24日(金)18:30開場 19:00開演 20:30終了
場所:レインボー倉庫下北沢
参加費:1,000円(当日会場でお支払いください)
定員:50名(先着順)
応募方法:ポット出版Webサイトにて受付中