REVIEW

その他の記事

映画『キッズ・オールライト』

長年いっしょに幸せに暮らしてきたレズビアン・カップルとその子どもたち。父親にあたる精子提供者が現れ、さまざな出来事が…。レズビアン・ファミリーを真っ正面から描いたコメディタッチの作品。 きっと楽しく観ることができます。

映画『キッズ・オールライト』

 これまでレズビアンが主役のメジャーな映画って、あまりなかったように思います。『櫻の園』『ナチュラルウーマン』『バウンド』『月の瞳』『ジーア/悲劇のスーパーモデル』『翼をください』『モンスター』『中国の植物学者の娘たち』『LOVE MY LIFE』『刺青』など、観てよかったと思える、名作とも呼べる作品はいろいろありました。が、たとえば思春期の淡い恋心のような感情だったり、社会的に許されない悲恋だったり、女どうしのエロティックなカラミをセンセーショナルに見せるものだったり、犯罪者だったり…「幸せに暮らすレズビアン像」とは言いがたいものがほとんどでした。
 『キッズ・オールライト』の、医者とかやってるようなレズビアンが主人公で、パートナーと子どもを育てながら地に足着けた生活を送ってるようなリアリティって、今までにない画期的なものがあると思います。それだけでも本当にいい作品だと思うのですが、さらによかったことは、レズビアンであるということが過度に深刻だったり被害者的にならず、過度に「ヒーロー」にもせず、おまけにコメディだったことです。
 女二人、みんなと同じように恋をして家族をつくって、笑って泣いて、幸せに生きてる、でもたまには悩んだりするけどね、みたいな、当たり前のことになっていました。それでいて未来を感じさせました(『ハッシュ!』のような)
 世間の人はもしかしたら、女どうしで「結婚」して子ども育てて…なんてありえない、どういうこと?と思うかもしれませんが、僕らは余裕をもって笑って観れると思います。
 ビアンだからどうこうじゃなく、結婚や子育ての難しさ…家族にとって大切なことが描かれた作品だったと思います。ラブラブな恋の蜜月が終わり、パートナーシップという段階に入ると、いろいろ現実的な問題が浮上してくる、それをどう乗り越えていくか?というのは、ゲイだろうとレズビアンだろうとストレートだろうと同じこと。そういう視点でも感情移入できると思います。

 それにしても「ウソ、マジで?」「そんなことってアリなの?」と驚く(そして笑える)出来事が次々に…ビックリでした!
 音楽もカラッとしててよかったし、料理がすごく美味しそうで…幸せな暮らしってこういうことだよなあと思わせるものがありました。ママたちの愛情表現のしかたもとてもチャーミングでした。

 今後、ゲイカップルと子どもたちという家族のかたちを描いたメジャーな映画作品(『パトリックは1.5歳』のような)も現われるかもしれませんね。

 
 この『キッズ・オールライト』、アカデミー主演女優賞にもノミネートされ(獲れると期待したんですが…残念)、数多くの賞に輝いた、いわば世界が賞賛する名作です。当サイトでも逐一ご紹介してきましたが、ここでその輝かしい軌跡を振り返ってダイジェストでご紹介いたします。
・昨年2月のベルリン国際映画祭で上映され、観客や批評家からも絶賛されたほか、テディ賞(最優秀ゲイ映画賞)にも輝きました。
・11月末に発表されたインディペンデント・スピリット賞(最も優れたインディーズ映画を表彰する賞)では、最多5部門にノミネートされています。
・12月上旬には『ローリング・ストーン』誌が選ぶ「2010年の映画トップ10」が発表され、5位にランクインしています。
・12月中旬、76年の歴史を持つニューヨーク映画批評家協会賞が発表され、アネット・ベニングが主演女優賞を受賞したほか、助演男優賞(マーク・ラファロ)、脚本賞(リサ・チョロデンコ、スチュアート・ブルムバーグ)を含む最多3冠に輝いています。
・今年1月のゴールデングローブ賞では、ミュージカル・コメディ部門でミュージカル・コメディ部門で作品賞と主演女優賞(アネット・ベニング)の2冠に輝きました。『アリス・イン・ワンダーランド』や『バーレスク』をおさえての作品賞受賞はスゴイことです。
・そして2月末のアカデミー賞では、アネット・ベニングとナタリー・ポートマン(『ブラック・スワン』)というレズビアンを演じた女優の一騎打ちと言われていましたが、最終的にオスカーはナタリー・ポートマンの手にわたりました。
 


キッズ・オールライト』The Kids Are All Right
2010/アメリカ/監督:リサ・チョロデンコ/出演:アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、ジョシュ・ハッチャーソン、ヤヤ・ダコスタほか/配給:ショウゲート/渋谷シネクイントほかで4月29日からロードショー公開