g-lad xx

NEWS

米下院でLGBTQ差別を禁止する「イクオリティ・アクト(平等法)」が可決され、テイラー・スウィフトやシェールが祝福しています

 現地時間2月25日、米連邦下院議会で「イクオリティ・アクト(平等法)」が賛成224・反対206で可決されました。今後、上院で承認されれば、国として雇用や教育、住宅供給などにおいて包括的にLGBTQ差別が禁止されることになり、悲願の達成を見ます。


 「イクオリティ・アクト(平等法)」は人種や宗教、性別、その他の特徴に基づく差別を禁じた1964年の公民権法を修正し、LGBTQにも拡大する(対象に性的指向、性自認を加える)もので、成立すれば、雇用、教育、住居の賃貸契約や購入、宿泊施設やレストランの利用、クレジットなど生活の様々な場面でLGBTQ差別が認められなくなります。
 同法は2019年にも下院に提出され、可決されていますが、トランプ政権下であり、また、上院で共和党が多数を占めていたため、成立を見ていませんでした(共和党の議員らは、この法案が成立した場合、宗教的信条に反した行為を市民に強制する可能性が生まれ、宗教的原則に対する差別を引き起こすと主張しています)
 
 今回、再び下院でイクオリティ・アクトが採択されたことについてバイデン大統領は声明で「すべての人が尊厳や敬意を持って扱われるべきです。この法案は、アメリカがすべての人々の平等と自由という基本的な価値観を確実に満たしていく上で重要な一歩になるでしょう」と述べています。
 
 ナンシー・ペロシ下院議長は、「LGBTQに対する差別があるため、必要なものです」と会見で述べ、涙を浮かべながら「このようなものが必要であることに心が痛む」と続けました。

 イクオリティ・アクトを支持してきたデイビッド・シシリーニ下院議員は、「平等法をこの国の法律とするために、バイデン大統領が素晴らしいサポートをしてくださったことに胸を躍らせています」と語りました。「すべてのアメリカ人は敬意や尊厳を持たれるに値しますし、平等法が法律となることが重要です。一度法律となれば、LGBTQ+のアメリカ人が差別のない生活を送ることができることが保証されるのです」

 また、イクオリティ・アクトの実現を呼びかける活動を展開してきたテイラー・スウィフトはTwitterで「イエス! 上院がトランスジェンダーやLGBTQ+の人たちの権利を基本的な人権と見なしてくれることを祈ってます」とのコメントを投稿、今後、上院でもこの法案が可決されることを願っていると綴りました。

 トランスジェンダーの息子を持つシェールも可決を祝福し、「イクオリティ・アクトが可決されました。愛する子どもたちや、素晴らしいトランスジェンダーとブラザー&シスターたちがそれぞれの人生を生きることを保護するための法律が必要だなんて罪です」とコメント、「トランスジェンダーの命も大切」と書かれたGIF画像を添えました。

 
 バイデン政権が誕生し、ジョージア州上院決選投票で見事に民主党が勝利したおかげで上院の共和党支配を抑えることができた今(民主党も共和党も50名ずつとなり、採決で50対50となった場合、カマラ・ハリス上院議長の票で決まります)、ようやく上院でイクオリティ・アクトが採択される準備が整ったかと思われましたが、実は上院で法が可決されるためには定員100名のうち60名の上院議員の賛成が必要なんだそうです。無事可決されるには少なくとも共和党議員10名の賛成が必要となるため、上院での行方は不透明だそうです…。
 
 2020年6月、米連邦最高裁がLGBTQの解雇は違法であると認める歴史的な判決を下しました。バイデン大統領は就任初日にこの最高裁判決を確証する大統領令に署名し、雇用におけるLGBTQ差別禁止が実効化されました。それだけでも大きな前進ではあるのですが、やはり、(女性や人種的マイノリティと同様に)教育、住居供給なども含めたより包括的な差別禁止法の制定が求められます(そうでないと、信教の自由を盾にしたLGBTQ差別を容認する州法で、多くの当事者が苦しめられることになります)
  
 『Advocate』によると、今回の下院での投票で、3名の共和党議員が賛成票を投じてくれたそうです。
 オープンリー・ゲイの下院議員で16年来のパートナーがいるマーク・ポカン議員は、イクオリティ・アクトが自分と夫にとってどういう意味を持つものか、共和党の議員がこれに反対するのは同僚への攻撃であり、トランスジェンダーの子どもたちを偏見にさらすことにほかならないとする感動的なスピーチを行なったそうです(3名の共和党議員が賛成に回ってくれたのは、このような当事者議員のスピーチに胸を打たれたためでもあるのではないでしょうか)
 上院で10名の共和党議員が賛成に回ってくれるようになるために、民主党がどのように動いていくのか、見守っていきたいと思います。



 
参考記事:
House Passes Equality Act; Now on to Senate(Advocate)
https://www.advocate.com/politics/2021/2/25/house-passes-equality-act-now-senate
アメリカでLGBTQ+の差別を禁止する「平等法」が可決、テイラーらが祝福(フロントロウ)
https://front-row.jp/_ct/17434403
米下院、LGBT差別禁ずる「平等法案」可決(ウォール・ストリート・ジャーナル)
https://jp.wsj.com/articles/house-passes-equality-act-11614300231
米下院、LGBTQの権利平等に関する法案を採択(SPUTNIK)
https://jp.sputniknews.com/world/202102268183475/

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。