g-lad xx

NEWS

Out Asia Travelの小泉伸太郎さんが『Attitude』誌が選ぶ「LGBTQの先駆者101人」の1人に選出されました

 世界有数のLGBTQマガジンの一つである英『Attitude』誌の2022年1月号の特集「Attitude101」(LGBTQの先駆者100人を表彰+PERSON OF THE YEARを1人選出)で、Out Asia Travelの小泉伸太郎さんがTravel部門に選ばれました。おそらく日本人として初めて、少なくとも旅行部門では初の快挙です。
 
 『Attitude』はファッション性が高く、若い層をターゲットとした英国のゲイ雑誌で、世界で最も売れているゲイ雑誌です(以前はタワーレコード新宿店などでも販売されていました。90年代から一般誌並みのハイクオリティなデザインで情報誌として世界に流通していました)
 『Attitude』は、米国の『Out』のように、年に1回、最も目覚ましい活躍を見せたLGBTQを100人選ぶ特集を展開しています。『Out』の特集「OUT100」はジャンルなどを問わずに1位から100位まで並べるスタイルですが、『Attitude』の「Attitude101」はスポーツ、政治、STEM(科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学)、メディア、旅行、映画・TV・音楽、ビジネス、コミュニティ、ファッション・アート・デザインといったジャンル別に何人かずつフィーチャーするスタイルで、プラス、PERSON OF THE YEARを1人選出しています(今回はリル・ナズ・Xが選出されていました)
 今回、小泉さんが選ばれたのは旅行ジャンルで、9人中の1人です。このように紹介されています。
 
「小泉伸太郎は10年以上にわたってOut Asia Travelを指揮し、世界中から日本にLGBTQ旅行者を何百人もホストしてきた。たとえ日本には、世界中どこにも見られないくらいLGBTQのバーが集中しているとしても――東京のある地区には約300軒もある――人々の多くはまだ十分にクィアコミュニティを歓迎していない。しかし今年、その状況が変わってきたように見受けられた。伸太郎の協力によって、大阪観光局が初めてプライド月間を祝うキャンペーンを立ち上げたのだ」

 Out Asia Travelは、海外から日本に来られたLGBTQ旅行者(インバウンド)に向けた二丁目ツアーなどをはじめ、日本のLGBTQに向けても台湾パレードツアー裏磐梯でのスキーツアーなどを開催してきました。小泉さんはIGLTA(国際LGBTQ+旅行協会)のアジア・アンバサダーを務めていますが、2016年にはIGLTA総会(年に一度、世界中のIGLTA会員が集まるカンファレンスイベント)でアンバサダー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、LGBTQツーリズムの分野で世界的に高く評価されています。
 『Attitude』のコメントにもあるように、大阪観光局の目覚ましい活躍をずっとサポートしてきたのも小泉さんです。
 
 大阪観光局は昨年、日本初のLGBTQツーリズムカンファレンスを開催し、観光局・DMOとして初のプライド月間キャンペーンや、地域の観光関連事業者と連携した初の観光体験プログラムなども実施してきました(12月には「Rainbow × Christmas」@ALOFT OSAKA DOJIMAに後援しています)
 たびたびお伝えしているように、こうした取組みの背景には、大阪が2024年のIGLTA総会の誘致に名乗りを上げているということがあります。これまでワールドプライドやゲイゲームズ、MR.GAY JAPAN、LGBTQ団体の国際会議のような世界的イベントが日本で開催されたことは一度もなく、実現すれば日本初の快挙です(今年の11月に発表されるそうです。期待しましょう)。この大阪観光局の取組みを全面的にサポートしてきたのが、小泉さんなのです。

 日本でも数多くのLGBTQの方たちが様々な分野で活動・活躍してきましたが、このように世界の舞台で表彰されるということは極めてまれで、EY Japanの貴田守亮さんが昨年「100LGBT+ Executives」の世界1位に選出されたというスゴいニュースがありましたが、Out Asia Travelの小泉さんはそれに続くような(旅行業界では唯一無二の)存在だと言えるでしょう。そして今年、見事に大阪が初めてIGLTA総会の開催地に選ばれたあかつきには、LGBTQの国際イベントを初めて日本に誘致した立役者としても歴史に名を残すことになります。

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。