g-lad xx

REVIEW

差別野郎だったおっさんがゲイ友のおかげで生まれ変わっていく様を描いた名作ドラマ『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』

『おっさんずラブ』と並行してもう1本「おっさん」をタイトルに冠したドラマが放送スタート。この『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』は、古い考え方の差別的なおっさんが主人公で、ゲイのおかげで見方を変え、価値観をアップデートしていくというお話です

ゲイ友のおかげでアライに変わっていくおっさんを描いたドラマ『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』

 なんと今期、『おっさんずラブ』と並行してもう1本「おっさん」をタイトルに冠したドラマが放送されることになりました。ただしこの『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』のほうは、主人公のおっさんがゲイとかではなく、よくいるタイプの頭の固い差別的なおっさんで、そのおっさんが紆余曲折あってゲイの青年と出会い、生まれ変わっていくというお話になっています。
 原作は、国内累計閲覧数5700万回を超える練馬ジムさんの漫画『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』です(すでにお読みになった方もいらっしゃるのでは?)。古いジェンダー規範や偏見で凝り固まっている頭の固いおっさん・沖田誠が、ゲイの青年・五十嵐大地との出会いによって人としての成長を誓い、常識をアップデートしていくというホームコメディです。おっさん役の原田泰造さんをはじめとする役者さんもしっかりしていて、安心して観られる、素直に「これはいい作品」と思えるドラマです。
 
<第1話あらすじ>
「お茶は女性が淹れてくれた方がおいしいだろう」昭和生まれの51才・沖田誠はそのデリカシーのない言動のせいで家族や会社の部下たち、さらには愛犬のカルロスにまで嫌われていた。そんなある日、誠は妻・美香の友人の息子・五十嵐大地がゲイであることを知る。そしてその大地が、引きこもっている息子・翔(かける)の部屋に入り込んでいることを……「なんでそんなのが翔の部屋に!」思わず大地を否定してしまう誠。そんな誠に翔が冷たく言う。「僕は……お父さんみたいな人には絶対なりたくない!」家族のために頑張ってきたつもりの誠。なのに、家族からは嫌われ、会社でも疎まれ、でも何をどうすればいいのかすらわからない。苦悩の誠に大地が声をかけ――。

 実にいいドラマだと思いました。
 古いジェンダー規範や偏見に凝り固まった(セクハラ野郎でもある)おっさんが、ゲイの青年と出会ったおかげでゲイ(や女性や多様な人々)に対する偏見を払拭し、価値観を「アップデート」していくお話で、差別者だった人がアライへと生まれ変わる過程をコミカルかつ感動的に描いた物語なのです(『キンキー・ブーツ』のドンとか、『パレードへようこそ』の荒くれ炭鉱夫みたいに。でも、そういう差別者が変わっていく過程自体を物語の中心に据えたところは新しいと思います)
 日本ではまだまだこういうタイプのおっさんは本当に多いと思いますが、ただそれを古い!差別的だ!ハラスメントだ!と容赦なく叩いて終わるのではなく(えてして厳しく批判するあまり、追い詰めてしまうようなケースもあると思うのですが)、主人公の誠もまた、家族のためにがむしゃらに、身を粉にして働く企業戦士であり、根は家族思いのいいパパなんですよという描き方をしているおかげで、自分も誠みたいなおっさんだと思う方もまた、このドラマを拒絶せずに観れる、誠に感情移入しながら追体験し、変わっていける余地を与えていると思います。言い換えると、おっさんへの愛があるんですよね。そこが素晴らしいです(そういう意味では『おっさんずラブ』と共通です)
 
 大地は、たまたま家の近所の階段のところで誠が転びそうになったのを助けたあげた好青年で、引きこもりの翔の大切な友人でもあり、だからこそ誠も素直に話を聞き、自身を省みることができました(そういうふうに少しずつゲイに対する差別意識やホモフォビアに気づかされ、認識を改めていく様は、『弟の夫』の弥一のようでもあります)。現実社会では、会社で部長とか役職に就いているおっさんをたしなめられる人もそうそういないでしょうし、なかなか変われるチャンスってないでしょうが、だからこそ漫画/ドラマというフィクションの面白さが活きてくるのかな、と。
 
 主人公の頑固で差別的なおっさんを演じているのが原田泰造さんなのですが、実にいい演技を見せてくれます(原田泰造さんは2009年に細川貂々さんのコミックエッセイをドラマ化した『ツレがうつになりまして。』に主演していて、そのときからいい役者さんだなぁと思ってました)。「こういう頭の固いおっさんいるよね」とも思わせてくれますし、家族に総スカンをくらって落ち込む様も、「お父さんみたいな人には絶対なりたくない!」と言う翔との絆を取り戻すために頭を下げる様も、リアリティがあります。泰造さんだとイヤなおっさんになり過ぎないし、反省して変わっていく様にも説得力が感じられます。愛情をもって(なんなら応援する気持ちで)観ていけると思います。
 キャストについて言うと、沖田誠の妻であり翔の母である美香の役を富田靖子さん(『アイコ十六歳』『さびしんぼう』)が演じているのですが、これまたいい感じのほんわかしたキャラクターで好感が持てます。第2話以降、松下由樹さんも登場するので、楽しみです。
 
 ちなみにタイトルの「パンツ」に関しては、第1話では、いかにもおっさんという感じのダサいトランクスをクローズアップした1カットだけなのですが、今後どういうふうにパンツがらみの話が展開していくのか?というところも期待を持たせます。

 2023年秋クールは『きのう何食べた』と『大奥』という同じよしながふみさん原作の名作ドラマが同時に放送されるという奇跡が起こりましたが、今クールは『おっさんずラブ-リターンズ-』『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』という「おっさん」ドラマの名作2本が同時に放送されるクールとして記憶されることになりそうです。(2作品を見比べるのも楽しそうです)


おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!(全11話)
東海テレビ・フジテレビ系全国ネット
1月6日(土)23:40-
出演:原田泰造、城桧吏、中島颯太、大原梓、松下由樹、富田靖子ほか

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。