g-lad xx

NEWS

韓国でロシアの反同性愛法への抗議が行われました

 今年6月にプーチン大統領の署名によって成立したロシアの反同性愛法。政府が「同性愛は社会にとって有害」とお墨付きを与えたことで憎悪犯罪(ヘイトクライム)も増加しており、警察も守ってくれず、ロシアのセクシュアルマイノリティの方たちが危険にさらされています。

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 そんななか、10月6日(日)に大阪で、虹色ダイバーシティアポテケが呼びかけ人となり、ロシアの反同性愛法に抗議する街頭アクションが行われました。(朝日新聞でも紹介されました)
  趣旨に賛同し、JR大阪駅前に集まった方たちは、プーチン大統領のお面(事前にみんなで制作)をつけて世界各国の同性愛に関する法制度を説明したビラを 配ったり、リレー・トークが行われたり、また、アポテケのライブも披露されしました。ボーカルの牧野慎吾さん(29)は、「日本でもまだまだ偏見が強い。 同じ同性愛者として、ロシアの当事者たちを応援したい」と語っていました。

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 実は、ロシアの反同性愛法に抗議するデモが、お隣の韓国でも開催されました。
 10月27日(日)、FKWL(From Korea With Love)という団体が中心となり、会場のソウル・清渓(チョンゲ)広場には約40名が集まりました。声明文を朗読したあと、駐韓ロシア大使館までレイン ボーフラッグやプラカードを掲げて行進(韓国の子供番組の主題歌である「ポポポ」を歌いながら歩いたそうです。ポポポとは、韓国語で軽いキスのことを意味 します)、そして駐韓ロシア大使館でもう一度声明文を朗読し、「私はプロパガンダではなく人間だ!」「ホモフォビアにノーを!」「愛は嫌悪より強い」と いったスローガンをロシア語で叫んだあと、キスのパフォーマンスをしました。
 ポスターを制作したカン・ミンジュさんは「さまざまな方たちが駆け つけてくれましたし、大きい行動にはみんないっしょだということもわかりました。参加者のみなさん、応援してくれた方たち、チョンゲ広場から大使館まで私 たちを見守ってくださった方々もみんなひとつでした。これからもこうした有志イベントが企画されればいいな、と思います。愛は嫌悪より強い!」と語りまし た。
(この抗議デモの情報は韓国のLGBTブログ「MITR」のイ・スンフンさんからご提供いただきました。写真提供:FKWL)


関連記事:
ロシアの同性愛者弾圧に対し、国際社会から批判が相次いでいます
http://gladxx.jp/news/2013/08/3402.html
ロシアの反同性愛法についてセレブたちが続々とコメントしています
http://gladxx.jp/news/2013/08/3405.html
「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーがカミングアウト
http://gladxx.jp/news/2013/08/3438.html
LUSHがロシアの反同性愛法撤廃を訴えるキャンペーンを行っています
http://gladxx.jp/news/2013/3468/3473.html
ソチ五輪の直後にロシアでゲイゲームズ開催
http://gladxx.jp/news/2013/3598/3614.html

INDEX

SCHEDULE